fc2ブログ

ペットボトル 

ペットボトルはたしかに便利です。缶と違ってふたができますし、飲むときも金属に触れませんから口当たりは悪くありません。
テレビのCMでビールを缶から直接飲むのがあたりまえのように出てきます。銘柄を、あるいは缶そのものを視聴者に見せなければならないからあんなふうにしているのでしょうが、あれではビールはおいしく飲めないですよね。
それでも電車の中でときどき缶ビールを

    プシュッ

と開けて飲んでる人を見ることがあります。私ならしばらく我慢して家でコップに入れて飲むけどなぁ、と思いつつ、余計なことを言って叱られてはいけませんから匂いを我慢しながら沈黙しています。
ビールはともかく、ペットボトルに入ったスポーツ飲料などは以前はよく飲みました。
自動販売機がいたるところに置かれるようになって、長時間歩いたりするときは水分補給に使いやすくなりました。
以前は100円でしたが、今は

    150円

でしょうか。ところが、ブランド品でないものは100円で売っているところもあります。
そもそも原料なんて水と砂糖と塩が基本ですから、安いものです。それを言い出したら服だって、化粧品だって、コンビニのおにぎりだって同じですけれども。
メーカーは、中味もさることながら、ペットボトルの形や材質、持ちやすさなどにもずいぶん工夫をしていて、最近は飲み終わったらクシャッと丸めることのできるものも多くなってきました。
ペットボトルをごみに出すときなど、以前は半ば空気を捨てているようなものでしたが、最近はつぶして小さくできますのでコンパクトになりました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

去年までは仕事場で入試関係の仕事をしていました。
当日行きますと、たいていは日曜ですから800円くらいの弁当が出るのです。さすがにいいものは出ません。デリバリ業者の一番安い(笑)弁当です。そして必ずお茶がついています。もちろんペットボトル。
しかし

    真冬の時期

ですから、冷たいお茶を飲む気もせず、私は部屋でお湯を沸かしてそれを飲んでいました。
そうするとペットのお茶が余ってくるのです。
なんとなく部屋に置きっぱなしにしているものですから、ついにこんな状況に。

ペットのお茶

家に持って帰ればいいのですが、ついめんどうで。賞味期限を見ながらそれが切れないうちに飲んでしまわねばと思っています。

スポンサーサイト



コメント

おいしいビールの飲み方

サッポロビール博物館を見学すると、おしまいのほうで「おいしいビールの飲み方」講義があります。案内のおねえさんがグループの代表のひとに「まずは缶ビールをそのまま飲んでみてください」、「つぎにコップに注いで飲んでみてください」。そして代表の人は「ほんと! コップのほうが断然おいしいです!」と言います。サクラではありませんよ(笑) わたしが見学したときは、受け付け順に4人グループになり、試飲をする代表の人は東京から来たというお兄さんでした。わたしは選ばれませんでした(涙)

http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/kengaku/index.html

むかしJRが国鉄と呼ばれていたころ、駅弁とともにプラスチックの容器に入ったお茶がありましたね。持つところが針金でできていて。

♪やたけたの熊さん

指揮者の岩城宏之さんが(旅が多いですから)ガラスコップを持って旅をしているというのを何かで読んだような気がします。電車でビールを飲むためだそうです。
大きな箱状のものに駅弁を入れて売り歩く風景は今ではごくわずかになって、知らない人が多くなってきました。電車の窓を開けて停車中に駅弁を買うなんて、信じられない、という人も多いでしょうね。
お茶は、元は土瓶に入っていたのを売っていたそうですね(これは私も知らない)。それがあの「針金付き」のポリ容器(プラスチック)に取って代わられました。ふたがコップになるのですよね。
時代は変わります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3477-8dae6b2c