2015幼稚園での文楽人形劇(3) 

反省会ではみなさんとてもいい笑顔で感想を述べてくださいました。
小道具を毎年担当してくださる方には、今年はごんべえさんの裃までお願いしてしまいました。そのかたは「毎年ハードルが上がる(道具への要求が難しくなる)のでたいへんです」とおっしゃいました。わたしもそれはよくわかっているのですが、いつも見事に作ってくださいますので、つい高いレベルを求めてしまいます。今年もお見事でした。
はじめて参加された、おそらくまだ

    20代

でいらっしゃるであろうお母さんは「今まで知らなかった世界にはまりそうです」とのことでした。このかたは、お染の主遣いを担当されました。
ごんべえさんの声を担当された方は「最初は書いてある通りに言っていましたが、次々にやりたいことが出てきて、欲張りになって行きました」とおっしゃいます。だんだん人物の気持ちも理解されるようになったのですね。
ほかにも「達成感でいっぱいです」「子どもたちの反応がすごくよかった」「毎回練習するたびに楽しくなっていった」「地域に住む『点』であった人たちが結び付いていく様子を魅せていただきました」「また参加させていただきたいです」「3人が一体となって人形に魂が宿ると思いました」などなど、とてもありがたいおことばをいただきました。
保護者の会の会長さんは「このプロジェクトにかかわることができて、とても感謝しています」とおっしゃってくださいましたが、私のほうが会長さんには何かとご迷惑をおかけしましたので感謝もお詫びもしなければならないのです。

アンケート
↑演者、観客のみなさんからいただいたご感想

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

そして観客の皆さんからはこんな感想をいただきました。

★子どもがちいさいうちに貴重な体験をさせていただき、地域の皆様に感謝しております
★動作も声も他の人形劇とは違い、練習も大変だったと思います
★みんなの息がぴったりと合っていて、とてもすばらしく感動しました
★ごんべえさんとおそめちゃんの立ち回りは見入ってしまいました
★テレビや広告でしか観たことがなかったものが実際に動いているのを見れて楽しかったです
★少ない練習にもかかわらず、すごくすばらしいものに仕上がっていてびっくりしました
★ずっと続けてもらいたい
★人形の細かな動きがよかった
★去年も観ましたが、違う話で楽しめました
★観るのは4回目です。お染ちゃんがはじめてお芝居に出ていたので楽しかった
★もっと難しいものかと思っていたのに楽しくアレンジされていた

そして、私をこの幼稚園に招いてくださった方は「スタッフの皆様も年に一度の文楽人形劇を楽しんでくださっているとうかがいました。園児や皆さんの心に少しでも文楽が楽しく残ってくださると嬉しいです」とおっしゃってくださいました。

皆様、ほんとうにありがとうございました。

なお、終わってから園長先生が「またお願いできますか?」とおっしゃってくださいました。
ぜひそうしたいと思っております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3563-6e677791