歩く秋 

以前書きましたが、この秋はよく歩いています。
残暑がさほどでもなかったことと、呼吸の苦しさがなかったことが幸いしました。呼吸が楽なのは、(減らしてはいるものの)強めの薬が奏功しているのだろうと思いますので、嬉しさも中くらいではありますが。
薬は副作用がありますから、早くやめたいです。私の場合はこの強い薬のために脂肪が付くという副作用が出ています。これもどこかで書いたと思うのですが、夏に文楽に行った時に津駒大夫さんに

    「太りましたか?」

といわれたくらいです。今、体重は何kgあるのかわからないのですが、以前よりはかなり多くなっていると思います。特に胃の周りと胸が以前とは違っています。
薬は消化器系にも副作用が出やすいのですが、今のところ大きな問題はありません。しかしこれも恐れていることです。また胃カメラをのんでみようかな、とも思ってはいます。最近の胃カメラはずいぶん細くなって、鼻から挿入するものもありますね。いくらか楽だそうですが、なかなか実行できません。以前太いのを口から入れた時はやはり気持ち悪かったですが、画面に移る自分の

    胃の内部

があまりにも美しい(笑)ので見とれてしまった覚えがあります。ただ、画面を見せてくれるまで、つまり医師がひとりで見ている間は何とも不安だったのを覚えています。何かとんでもないことを言われるのではないか、という怖さですね。さいわい、「きれいな胃です」と言われたのでホッとしたのですが、さて、今はどうなっていることやら。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

歩いても簡単に体重は落ちません。それでも歩かないよりはましだろう、というわけで、できるだけ努力しています。仕事場でも8階の部屋から授業や他の部署に行く時は、それが1階までであっても

    歩いて降りる

ように心がけています。ただし、急いでいたり、うっかりしたりで、実行できていないこともしばしばです。昇りはほぼエレベーターです(笑)。電車も利用するようにしていますが、忙しくなってきてつい車に頼りがちです。電車だと1時間25分、車だと35分ですから、往復すると100分の差があるのです。もっとも、電車だと多少は仕事ができます。創作などは思いつきをメモするだけでもできますから、まんざらでもないと言えば言えます。
休日はたいてい図書館に行っています。河川敷のジョギングコースも相変わらす歩いています。これを組み合わせて、図書館経由河川敷行きにして、本を抱えながら歩いて帰ることもあります。こうすると一気に10000歩くらい歩けるのです。
あとは犬の散歩とさらにそのあと一人での散歩。一日歩いているような気がします。歩き過ぎるのもどうかと思いますが、

    肺機能の強化

のためにもいくらかは歩くようにと言われますし、自分でも気持ちがいいので楽しみにしています。
9月の1か月ではたしてどれくらい歩いたのか、実は分かりません。私の持っている骨董品の歩数計は、正確に計測してくれるのですが、1週間しか記録してくれません。Excelにでも写して管理すればいいのですが、横着をしていました。
9月末からの週は、月曜から順に4,827、3,236、2,991、7,012、2,303、13,191、14,067でした。合計47,327歩(1日平均6,761歩)。暗算ですので間違っているかもしれません(笑)。木曜日が比較的多いのは研究日で家にいたからです。それにしても平日はみごとに少ないですね。反省して、せめて階段歩きを励行します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3660-77d14796