酒税 

お酒に税金がかかる、たばこもかかる、ガソリンにもかかる。しかも税金をかけた上で、その金額にさらに消費税がかかる。
車に乗ってお酒を飲んでタバコを吸う方は、国のためにご協力くださいましてありがとうございます、という感じがします。
私もガソリン代だけはいくらか協力していますけれど、タバコは吸いませんし、お酒もこのところあまり飲まないので、いい納税者とはいえないでしょうね。
ビールには350cc缶だと77円の税金がかかっているのだとか。今、税込み220円くらいでしょうか?(すみません、買わないので知りません)
計算しやすいから(笑)税込み216円にすると、消費税が16円。酒税が77円、合計

    93円が税金

で、メーカーや店などに払うのは123円、でいいのかな。なんだかもう半分くらい税金みたいですね。せめて消費税は123円にかけてほしいくらいです(すると、6円くらい値段が下がって、ちょうど210円になるじゃないですか)。
それで発泡酒とか第3のビールなどが出現して、せめて酒税をあまり払わなくて済むようにしようということになって、その結果、第3のビールなどはいまさまざまなメディアでもどんどん宣伝しています。テレビをめったに観ない私ですら、第3のビールのCMを観た記憶があるくらいです。
ビール文化ということを考えた場合、虚しくも感じるのですが、庶民の

    ささやかな抵抗

という意味では納得が行きます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

こうなると国としては黙っていられず、同じビール系飲料なのに税金が異なるのは変だからという理屈をこねて、すべて

    均一の55円

くらいの税にしようという案が検討されていました。しかし税金と言えば消費税を10%n上げるために軽減税率などということが大問題になって、酒税どころではないらしく、結局見送りになったのだとか。
もし55円になっていたらビールは20円あまりの値下げ、発泡酒は10円ほど値上げ、第3は27円ほどの値上げ。
お酒を飲む方もいろいろいらっしゃいますから、その方がいいとも、今のままがいいともご意見はさまざまだと思います。
私は第3と発泡酒は飲まないので、これが値上げになっても個人的にはなんら影響はありません。ではビールが値下げになりそうな均一税のほうがいいかというと、ビールも高くて飲めないので、これまた影響はありません(笑)。
びっくりしたのは、

    チューハイ

の税も55円にしようという考えがあったときいたことです。チューハイはビール系と違うでしょ。シュワッとしているから同じようなものだというのでしょうか?
所得税も住民税も満足に払っていない上、所得税を払った場合は障害者控除や医療費控除で返してもらいますからほんとうにろくでもない納税者です。
ビールでも買って納税に貢献しようかな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3673-ea40bc22