血糖値 

久しぶりに血液検査をしました。
からだに針を刺すのはいつ以来だろう、というくらい久しぶりです。
以前は点滴を食事代わりに(笑)していましたので、もう刺すところがありません、というくらい傷だらけの身体でした。どちらにしても傷だらけの人生なので、少しくらいのことはかまわないのですが(笑)。
これまでに血液検査で異常が出るという経験はあまりありません。6年前に

    肝機能

に異常が出たことがあり、何ごとだろうと思ったのですが、どうも一時的な薬の副作用だったらしく、何もしていないのに、2週間後に調べた時は正常値に戻っていました。炎症を起こしている時のCRP。これも当然一時的なもので、抗生剤などの使用によって下がります。
そしてとても残念な異常値に

    総蛋白(TP)

があります。「TP」はトータルプロテインかな? 私の場合、たいていこれが低いのです。その度に医者から「栄養不足」と言われます。肉類を食べないしなあ。
実は今回の検査でもTPが低かったのです。またまた医者が「栄養不足」の言葉を使いました。困りました。
肝機能はまるで問題ありません。お酒を飲みませんしね。
実は今回とても気になっていた数値があるのです。それは中性脂肪です。さほど高いとは思っていないのですが、以前に比べて高くなっているのではないかと思ったのです。通常、中性脂肪は肥満、食べ過ぎ、運動不足、飲酒などが原因で増えると言われます。私は運動不足こそあると思いますが、ほかは思い当たりません。それでも最近脂肪がついていると思っていますので、どんな数字が出てくるのか心配でした。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

結果は正常値の、しかもかなり低い数字でした。総コレステロールも正常値で、いささか拍子抜けするくらいでした。
ところが、生まれて初めてのショッキングな異常値のデータが私を待っていました。

  血糖値

が少し高かったのです。初めての経験なので、そもそも血糖値についての知識がほとんどありませんでした。しばしば血糖値が気になる、という声が周囲にあるのは知っていますし、糖尿病に関係がある可能性も分かっているつもりでした。しかし、どの程度の数字なら重大で、どの程度なら要注意程度なのかも知りませんし、血糖値を下げるにはどうすればいいのか、などということもわかりません。数字を見た医者がもうひとつ検査を追加します、というのでさらに困惑しました。

    HbA1c(NGSP)

というわけのわからない検査でした。Hbはヘモグロビンなので、ヘモグロビン・エーワンシーと呼ばれるようです。
これが基準値を超えていたら糖尿病の疑いが濃いとのことで、ひやひやしました。結果はまったく問題ない正常値。よって「薬の副作用で血糖値が上がっていると思われ、ちょっと気になる数字です」というのが血液検査の結論でした。
さて、この血糖値、どうしてくれよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3696-35c980e3