文雀師の引退 

文楽人形遣いの吉田文雀師匠が引退されるというニュースがありました。覚悟していましたが、やはり残念です。
文雀師というと、『義経千本桜』の典侍局、静御前、狐忠信、『菅原伝授手習鑑』の覚寿、『仮名手本忠臣蔵』の戸無瀬、判官、『妹背山婦女庭訓』の定高、『摂州合邦辻』の玉手御前、『艶姿女舞衣』のお園、『良弁杉由来』の渚の方、『卅三間堂棟由来』のお柳、『生写朝顔話』の乳母浅香、『双蝶々曲輪日記』の長五郎母、『芦屋道満大内鑑』の狐葛の葉、『心中天網島』の孫右衛門などいくらでも思い出す役があります。首でいうと、

    老女形、婆、検非違使

がおもに印象に残っていることになります。
忘れていました。私は『花競四季寿 関寺小町』の小野小町で胸がいっぱいになったことがありました。
簑助師という華のある方がいらっしゃいますので地味に見えましたが、温かい母の情愛や宮廷婦人の

    気品

などを醸し出す力はたいしたものだったと思います。今の天皇は大阪の国立文楽劇場で嶋大夫、英大夫らの「葛の葉子別れ」を御覧になりましたが葛の葉を遣われたのは文雀師。子を思いやってごく自然にあらわれるささやかな動きにも母性の温かみを感じさせるのが文雀師の至芸でした。
簑助師との関係で言うと、簑助の朝顔、文雀の浅香で観た『朝顔話』「浜松小屋」は今も脳裏にあります。普段はあまり行動をともにされないお二人かもしれませんが、そういうこととは関係なく、朝顔と浅香の関係が生き生きと描かれていました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

先代玉男師の相手役というと簑助師が思い出されますが、文楽が二派に分かれていたとき、簑助師が三和会だったのに対して玉男師と文雀師は因会でしたから、もともとは玉男、文雀のほうが距離は近かったわけです。あの『曽根崎心中』初演の時の徳兵衛(玉男)の左遣いは文雀師でした。
じっと耐えながら支える人、つくす人という役柄はきっと文雀師のキャリアや生きざま、人生観とも関係があるのだろう、とこれは私の勝手な思い込みです。
長い間お疲れさまでございました。これからもお弟子さんたちのご指導でご活躍くださいませ。
さて、せっかく大きくなった

    「文雀」の名前

です。もうこの際、時を置かずに和生さんに継いでもらってはいかがでしょうか。和生さんの芸に不服があるはずもありませんし、文雀師もそういうお気持ちはお持ちなのではないでしょうか。今年の秋あたりにそういう披露があることを願っています。
もちろん文雀師もお名前がないというわけにはいかないですから、隠居名をお付けになって、ご一緒に

    披露の口上

に並ぶことはできないものでしょうか。幕内のしきたりなど詳しいことは存じませんので、勝手なことばかり申しました。
文雀師の業績が受け継がれるためには芸の伝承、お名前の伝承が欠かせないように思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3823-8bc29081