fc2ブログ

歩き 

歩く、というのはなんでもない動作です。
しかし、四本足から立ち上がった人間がバランスをとりながら前に進む姿はなかなか美しいものがあります。
私たちは小学校の頃からオイッチニ、オイッチニ、と行進することを教えられて、それはもう

  腕を振って足を上げて

  休まないで歩け
              (詞・星野哲郎)

という、勇ましいものでした。しかし、農業をする人がそんな歩き方をしていたのでは田は耕せません。うつむきながら、土の様子を見て、とぼとぼ歩いてこそ作物の実りがあるのですから。
文楽でもツメ人形の活躍するチョイ役で「村の歩き」というのがありますね。
「村の走り」はありません。
走りが激しい感情の発露であるなら、歩きは生活であり日常であり。

にほんブログ村 演劇ブログへ

昨日例に挙げた安藤広重の東海道五十三次には歩く人の絵が散見されますが、みんなとぼとぼした感じに見えます。
あまり腕を振ったり足を上げたりしている人はいないような気がするのです。
私もいささかさっさっさと歩きがちなので、とぼとぼ歩きもいいかなぁ、と思ったりするのです。ダイエットには向かないでしょうけどね。

さあ、優雅に歩きましょう、というわけで、こうなってくると

  マーチからワルツの人生へ

という話になります。これは

  木津川計先生(「上方芸能」代表)

の専売特許なので、私はもうやめておきます。

スポンサーサイト



コメント

歩くの平気です。

と言うより好きですね。
とくべつ時間を気にしないときなら、淀屋橋から梅田くらいなら、迷わず歩きます。
歩く目安は20分以下の距離なら、でしょうか。

♪やたけたの熊さん

私も好きですねぇ。今日も今から梅田~玉江橋あたりまでを歩きます。20分ほどですけどね。
歩くの大好きクラブは東のmayaribeさん、西の私だと思っていたのですが、熊さんもお仲間と知って嬉しいです。

歩く・・・ですか。

お久しぶりです。

私は歩くときには、風が起きるほどのスピードで歩かないと気がすまないところもあり、いつも猛スピードで歩いています。

家族などと一緒に歩く時には、自分でも半分以下の速さで歩いているつもりなのですが、いつの間にか女房を置いていってしまっています。

子供は走って追いかけてきますので、置いてけぼりにはならないようです。

最近では、ゆっくり歩くことも意識して練習するようにしていますが、なかなか慣れないものです。(^。^;)

  • [2007/02/22 08:58]
  • URL |
  • 益田@聞こえないけど、それなり
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♪益田さん

益田さんもお仲間でしたか!
私も歩幅が広い(背が高いため)ので、速歩するとほんとうに速くなっちゃうんです。横断歩道で青信号になって、向こうからも人が歩いてくると、常識的には真ん中ですれ違うのですが、4分の3くらいのところですれ違います(笑)。
人と並んで歩く時はいつも気を遣います。小柄な女性の場合は特に。
大阪の人は歩く速度が速いそうですが、東京生まれの益田さんも相当なもののようですね。

マーチ?ワルツ??

こういう言葉にはやはりスグに反応し、調べました。木津川氏の著書にある言葉なんですね。
指揮を振っていて感じることがあります。確かに元気な2拍子もいいのですが、円運動の3拍子が人間の核の波長とに合っているなあと。
でも生活ってほとんど2拍子か4拍子なんですよね。私がランニングをする時は頭の中にハイテンポな4拍子の曲が流れています。歩きも意識する音楽によって情景によって変わるでしょうね。

♪べー娘さん

古典的な交響曲だと3楽章にメヌエットが来ますね。あそこでホッとすることがあります。
「未完成」は1、2楽章ともテーマは3拍子でしたか?

今、病院にいるのですが、この時期耳鼻科は混みますね…。まだあと30人待ちです…。

木津川先生の「マーチからワルツへ」の話は、たとえば『花曜日の薔薇色』などに書かれています。

おじゃまします

藤十郎さん、お邪魔します。歩くのは好きですし、仕事柄、東京都23区内の担当で、車は事故のリスクもありますし、通勤も(通勤で3000歩)入れると毎日20000歩くらい歩いてます。高血圧の薬を毎日飲んでますが、無くても問題無いくらいですが飲んでます。東京の地下鉄とか山手線の一駅くらいは平気ですが田町から品川は遠いと思いました。仕事やからと思いながら、江戸時代の有名どころはぜひ歩いてみたいと、仕事忘れて探訪してます。

♪花かばさん

どうもはじめまして。いつも別のブログでコメントを拝見するばかりです。
近く花かばさんのブログにもコメントしに行きます。
20,000歩はすごいですね。
私は一時15,000歩ずつ歩いていましたが、いい運動でした。またあたたかくなったら歩き回るつもりです。

ところで、私も以前父が芝公園にいたのです。明後日から東京に行くのですが、泊まるのは芝のホテルです。
近くですよね^^

ほんまですね!

神奈川県の大船から通っているので、宿泊の相場は解りませんが、東京はそれなりに高いですね(宿泊費は)藤十郎さんのコメントお待ちしております。

♪花かばさん 引き続きどうも~

はい、そちらにも書かせていただきました。
数年前、ネットで予約すると4500円というところがありました。つぶれちゃいましたが(笑)、閑静でまずまずきれいで便利で、けっこういいホテルでした。
昔から安くて有名なのは品川の大きなホテル(最上階に展望浴場のあるところ)ですが、今も穴場はあるんでしょうね。

未完成

テーマは3拍子ですね~。
冒頭から難しいテーマを書いたなと思います(笑)

耳鼻科、大変ですね。確かにこの時期は花粉症患者で溢れますね。30人待ちとは…\(゜ロ\)(/ロ゜)/
大病院に行くと必ずある待ち時間、どうにかしてほしいですよね。絶対に待ってる間に悪くなる人いるんじゃない?って思ってしまいます(笑)

>ベー娘さん

ベー娘さんは大学オケを振ったりされるのでしょうか?カッコイイですね。西本さんみたい!
最近はいろいろ工夫されているようですけど、この時期はあきらめなければ仕方ないのかも、ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/384-bcb60f2e