牛に引かれて天神詣り 

一昨日は堺筋を歩いたのですが、西天満一丁目東交差点からつい菅原町のほうへ、つまり東に足が向きました。
菅原町といえば道真。天神橋筋のアーケードにやって来ました。
このあたりは、黄昏時にはやたけたの熊さんが出没するという噂ですが、さすがに会いませんでした。
ここまで来て挨拶しないわけにはいきませんから、商店街を出て

    大阪天満宮

に詣りました。大阪の人のいう「天満の天神さん」です。ということは、牛に引かれて天神詣り、でしょうか。
白太夫はおらぬか? いました!
戎門から入るとすぐに白太夫社があります。
平日の夕刻で人は少なく、こんな時間、こんなところを歩いているビジネスマンがいたら、それは多分、サボってるんでしょうから(笑)。
本殿に詣って、もうほんとうに満腹の散策になりました。
最後に本殿西側にある

    登龍門

だけ写真を撮って帰ることにしました。
すると北側からなんだか愛想のよいビジネスマンらしき人が歩いてきます。サボってるのかな?(笑)

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

それにしてもニコニコした人で、やたけたの熊さんみたいだな、と思ったら、

    やたけたの熊さん

でした!(@_@)
やっぱり出没するんだ、この辺に!
もう、ビックリ仰天です。そうか、あの西天満一丁目東交差点で何かに誘われるように方向転換したのは牛に引かれてではなく、この人のパワーによるものだったのか!
喉元まで出かかった「サボってるんですか?」という言葉を呑み込んで「お仕事ですか?」と差し障りない(笑)挨拶をして、少し立ち話をしました。やがて熊さんは天神橋筋商店街のほうに(?)消えて行かれました。
私はそのあと

    繁昌亭

の前を通り、お初天神経由で梅田まで行ったのでした。
文楽帰りのとても不思議な散策でした。

(付記)……と書きましたが、昨日の記事にやたけたの熊さんがくださったコメントによりますと、あのあと菅原町のすてきな画房にいらっしゃったようです。私はその画房の場所を知りませんでしたので、残念です。次回天満に行くときはぜひ、と思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3849-65a75209