『妹背山婦女庭訓』「山の段」を観て 

文楽4月公演は『妹背山婦女庭訓』の通しでした。みなさんはどのようにご覧になったのでしょうか。
眼目の「妹山背山」を千歳、文字久、呂勢、咲甫という顔ぶれで(三味線は清治、富助、清介、藤蔵)上演したことでどういう反応があるのか、気になっています。
千歳さんは筒いっぱいだったように拝見したのですが、無駄な力が入り過ぎではないのかなと無責任に思って観ていました。住師のほうが声自体は小さいかもしれませんが、スケールという場合、逆に住師の大きさが思われるようにも感じました。呂勢さんは師匠や清治さんから細かく指導されたでしょうが、声柄が合っていると思いますので、公演中にどんどんよくなっていったのではないかと、これまた無責任な推測をしています。いい加減なことを書いてすみません。太夫さんのことは何も

    語る資格

がありません。ご容赦くださいませ。
人形は簑助の雛鳥、和生の定高、勘十郎の久我之助、玉男の大判事。簑助師はどうしても足もとが気になりますが、ここというときのスケールの大きさ〜しかもそれは無駄のない華やぎという形で表わされる哀しみ〜が格別でした.そして何よりすごかったのは、二人の腰元はもちろんのこと、久我之助までをも

    簑助師が動かしている

のではないかと感じたことです。もちろん勘十郎さんも紋若さんも紋秀さんもそれぞれにきちんと自律的に動いていらっしゃるのですが、場を支配する磁力のようなものを簑助師には感じてしまいます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

それにしてもこの段の文章のなんとすばらしいことか。やはり近松半二という人はとてつもなく偉大な作者だと思いました。
なかなかわかっていただけない感覚かもしれませんが、私は

    字幕だけ

で涙が出そうになりました。太夫三味線はもちろん、人形も抜きにして、ただただ字幕を観た瞬間に心を動かされました。もちろんその気持ちの中にはかつてその詞を語られた越路、津、南部、住(文字)、織らの先人たちのお声が心のどこかにあるからだと思います。
たとえば、字幕に「心ばかりが抱き合ひ」が出るともうたまりません。どうしてこういう詞を書けるのだろうと感激してしまいます。定高の「女の未練な心からは」は何度もこの舞台を観て彼女を、この話の先を知っていれば、この辞典ですでに胸に響くのです。古典芸能は

    長く、繰り返し

観るべきです。初めて観る場合でも、この仕込みがあって「まつこのやうに首切つて渡すのぢやわいなう」の叫びの哀しみが増幅されます。「私は冥途へ参じます。千年も万年もご無事で長生きあそばして」も無垢な若者の純愛が溢れ出るようです。「残らず川へ流れ灌頂」はもうたまりません。
おもに妹山のことを書きましたが、背山についてはもっとリアルに気持ちがわかるから、なんとなく避けてしまったかもしれません。最近、父の子を思う気持ちが手にとるようにわかります。大判事ばかりか、白太夫も(新口の)孫右衛門もはじめてこの演目を観た時には理解し得なかったことです。もう一度言います。古典芸能は長く、繰り返し観るべきです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3858-b0fcdf9e