朝の宝塚(2) 

この春は宝塚大橋のたもとから桜の枝越しに宝塚大劇場を見る、定点観察もしてみました。蕾の時期も、満開のときも、葉桜になってからも、「やはり絵になる」と自己満足したのです。

桜と電車1

桜と電車2

桜と電車4

桜と電車5
↑桜と阪急電車

橋を渡ると手塚治虫記念館があります。ヨーロッパの古城をイメージした建物で、手塚治虫の未完の随筆である

    「ガラスの地球を救え」

をモチーフとしたのがこの建物のシンボルともいえるガラスの地球です。
朝は逆光になるので写真は撮りにくいのですが、これもまたいいかもしれないと、しょっちゅうカメラに収めていました。手前にスミレ、ハナミズキ、ツツジが次々に咲いて、いっそう魅力的でした。記念館の壁面にはアトムやブラックジャックなどのレリーフも掲げられています。こちら側は桜もきれいです。

朝の宝塚10
↑朝日が逆光になる手塚治虫記念館

ハナミズキと手塚記念館
↑ハナミズキと手塚治虫記念館

記念館正面に置かれた(新たに道路が造られたため位置が変わった)

    火の鳥

は朝日を浴びるとまた何とも言えない輝きがあります。

朝の宝塚2
↑火の鳥

火の鳥の回りには手塚治虫の漫画に登場するキャラクターの手形、足形も作られていて、思わず頬が緩みます。アトムやウランはもちろん、ブッダ、ブラックジャック、ヒゲおやじ、スカンク草井・・・。

スカンク草井の手形
↑スカンク草井の手形足形

宝塚大劇場に行く途中、朝早くからファンの人が生徒さんを待っています。あらかじめ約束をしているのでしょうか、生徒さんを囲んで話をなさっている姿をしばしば見かけます。また、楽屋入口のところではカメラの放列やファンと生徒さんの交流が行われていて、横目に見ているだけの私ですが、なかなかいいものだと思います。私も散歩しているとほぼ確実に生徒さんとすれ違ったり並んで歩いたりすることになります。彼女たちもまた町にとけ込んでいるのです。

朝の宝塚7
↑宝塚大劇場楽屋口

朝の宝塚11
↑Revue

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

歌劇場と平行するのが「花の道」です。桜はもとより、草花がとてもきれいに咲いています。毎朝清掃するかたがいらっしゃって、このかたがたのお力できれいな道になっています。朝日を浴びるタカラジェンヌの像も散在しています。
歌劇場入口は当日券を求める人が早くから並んでいます。そのすぐそばに、記念撮影のスポットともいうべきところがあります。タカラヅカといえば大階段ですが、その大階段の写真が壁画のようになっているところがあります。その前で、つまり大階段に立っているようなかっこうで、多くの女性たちがまったく人目も気にせずにポーズをとって(みなさん、ポーズがうまい!)記念撮影していくのです。誰もが

    スターになれる

場所です。

私もスター
↑「大階段」の前でポーズをとる女性

大階段で満足されるのでしょうか、あまり人は見かけないのですが、すぐそばには藤棚もあるのです。宝塚と言えばスミレ。でももうひとつの紫も朝日に映えてきれいです。

朝の宝塚6
↑藤の花

藤棚
↑藤棚

高い位置から大劇場
↑高い位置から大劇場を見る

宝塚は温泉(炭酸泉)の町ということにもなっています。大規模なものではありませんが、いちおう「温泉街」というのもあります。阪急(またはJR)宝塚駅からここへ行くには

    宝来橋

という橋を渡ります。この橋も架け替えられたもので、以前は朱色のいかにも温泉街という感じの橋でしたが、今はしゃれたS字型になっています。この時期、朝の光が橋に植えられているツツジを美しく見せていました。

宝来橋のつつじ
↑宝来橋のつつじ

スポンサーサイト

コメント

ステキです!!

藤十郎様
ご無沙汰しています。
宝塚の写真と散歩録ステキです!!
さすがに地元の方の目線は違いますね。
私なんていつもセカセカと、
宝塚駅と劇場を往復するだけです。
入り待ちも出待ちもしないし(笑)

100周年に出来た記念撮影スポットの藤棚は、
大好きな場所です♪
行くと必ずパチリ!と撮影します♪
今年は、GW中の公演に食指が動かず
行かなかったのですが、
藤十郎さんのおかげで行った気にさせてもらいました。
有難うございました。

ところで、この1~3までのこのシリーズを、
私のブログにリンクさせて頂けないでしょうか。
きっと拙宅に覗きに来てくれるヅカファンの皆さんが、
喜んで観て下さると思うのです。
後、藤棚の写真も載せさせて頂けないでしょうか。
勝手ばかりで申し訳ありませんが、
どうぞ宜しくお願い致します。

♪かしまし娘さん

おひさしぶりです。
ポケットカメラで写しているだけなので、きれいではありませんが、地元の暇な人間ならではのものというだけの意味はあるかもしれません。
どうぞリンクでもパンクでもスカンクでもご自由に!

追伸 少し写真を増やしておきました。また27、28日ころに花の道のバラの写真を載せた記事も書きます。

藤十郎様
快諾ありがとうございます!
画像も増やして頂き、
ますますありがとうございます。

花の道のバラですか♪
なんとステキな♪
楽しみにしていまぁす♪

♪かしまし娘さん

28日の記事に花の道のバラの花のことを書きます♪

掲載させていただきました

藤十郎様
本日「朝の宝塚」の記事を
拙宅にUPさせて頂きました。
ヅカファンの皆さんから
「羨ましい」というコメントが
ジャンジャン入るかもしれません(笑)

♪かしまし娘さん

ありがとうございます。このところ、読んでくださる方がかなり減りましたので(笑)、お一人でも来てくださると嬉しいです。
早速拝見しました!
生徒さんたちは遠目でも一般人とは違いますね。背筋がしゅっと伸びて歩き方も訓練されているだけに美しく、すれ違った時の香りにはとどめをさされます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3877-547ad273