fc2ブログ

東京日記(25日) 

そして25日は朝から国立劇場。
三番叟のあと、ロビーに出ると声をかけてくださったのがcocoさん。
でも、cocoさん、どうして私のことがわかったのかな?いまだに不思議です。
そしてひさしぶりの

    奥州安達原

まずは「朱雀堤」。
若手太夫の必死の語りに好感。妙に(?)スマートな玉佳ちゃんの人形がいい味出してます。玉佳ちゃんはもっと人形がからだにくっついていたのに、うまく離れるようになったのではないでしょうか? いかにも人形遣いらしい風格が出てきたように思います。

休憩時間に、外に出ると、そこにはうるわしき女性トリオが。
mainaさん、おりんさんDancing Dollさん
mainaさんとおりんさんにごあいさつさせていただくのは2度目です。
豊かな知性を隠すほどパ~ッと明るくて細やかな神経の持ち主 mainaさん。
感性キラリ、multilingualで、文楽国際広報部長としてお馴染みになりつつあるおりんさん。
そして、短時間しかお話できなかったのですが頼もしいお姉さま風(達筆です!)のDancing Dollさん
と思ったら小豆さん登場。まだお若い方ではありますが、とても熱心で、床本にはまっていらっしゃるとか。「文楽、好き」という熱線がオーラのように発せられていました。
そこに来られたのがcocoさん。妙齢の女性にこういう言い方は失礼かもしれませんがなんとも愛くるしいばかりで誠実な雰囲気のあふれるような方でした。
あとはもう皆さんで話の花がちらほら・・そしてやがて満開へ。
いやぁ、よかった、よかった。

後半は「敷妙使者」「矢の根」「袖萩祭文」そして段切りと続きます。
さすがに浄瑠璃の面白い場面ですね。
人形では勘十郎・玉女が、かつての玉男・勘十郎と二重写しになる感慨。

国立小劇場でもずいぶん文楽を見てきました。25年くらいかな・・・。いささかの感慨。

にほんブログ村 演劇ブログへ

ロビーに出ると

    「文楽にアクセス」

の著者である旧友が来ていて、彼女から声をかけてくれました。小豆さんとも別れを惜しみました(涙)。

午後は悩んだ挙句両国へ。

  江戸東京博物館「江戸城」

はすごい人気で二十分待ち。そこで、常設展に行ってから「江戸城」に回りました。常設展でも企画として「徳川家茂」「雛人形」があり、これもなかなか面白かったのです。
ついでに両国界隈を散策してからいったんホテルへ。

20070301172212.jpg
 ↑吉良邸跡
 珍しくもない写真ですが(笑)

そしてまた国立劇場。
3人の方とお会いしてディナー。
歩き疲れたのでビールをいただきましたがなんともおいしかったこと。
ここでのお話も充実、充実。
前日といいこの日といい、いい夜で、いい仕事ができました。

スポンサーサイト



コメント

劇場では遅れての登場となってしまいましたが、コメントは一番乗りさせて頂きます。
オーラ?・・・ミーハーオーラ?(笑)
三列後ろの私の席から見えた藤十郎さんの背中こそオーラが発せられておりましたよ。
そう言えば、超下らない小ネタを仕込んで臨んだのに、お会いできた興奮で披露するのをすっかり忘れてしまいました。
・・・紋秀さんへ敬意をこめて、袴風のスカートなんぞ穿いてみたのですが。そんなのその場で言われなきゃわからないですよねぇ~(苦笑)
次にお会いする時は、もう少しましなネタを用意致します(まだやるのか?・笑)

♪小豆さん

あ、そんな近くにいらっしゃったんですか。要するに大きくて迷惑なだけでしょ(笑)。
あ、あれは袴ふうだったのですか。もちろん覚えておりますよ。
小ネタを仕込むのは関西文化を愛するものの必須条件です(笑)。
またお目にかかれますように。

それはやはり

ガタイがいいってことでしょうか>頼もしい(笑)。
「出たな妖怪」という目で失礼いたしました。今日あたりから赤目が薄れてまいりました。今、初心者を連れて(自分も初心者なのに生意気ですが)いくのに懸命で劇場ではいつもバタついておりますが、大阪へは単独行ですので、今度は是非大阪でお会いしたいです。

♪DancingDollさん

いえいえ、もっとメンタルな面で、若手を引き連れて、という感じがすばらしかったですよ。
目がよくなられつつあるとのこと、何よりでございます。
大阪には四月にもおいでになるのでしょうか?ご贔屓の清之助さんもお待ちかねだろうと思います。

うらやましい~!

東京でハレム状態、大奥状態とは、うらやましすぎます。そりゃビールも、おいしかったことでしょう。私の一週間は、おっちゃん達と始まり、おっちゃん達と終わろうとしています。おんなっ気なしの、じつに味気ない一週間でした。

いえいえ、けっこうおっちゃんもいました(笑)し、女性の皆さんもほとんどご挨拶するだけですから。
ただ、皆さんとびきりステキな人ばかりというのは事実です。今度は出張の時期を事前相談しましょう(笑)。

熊さんはいかにも「仕事をしている」という感じ。私はどうも遊んでるのか働いてるのか区別がつきません。出張命令は学長から出ますが、事実上自分で出すようなものですからね。

うわあ

「目ざとい」と言われるcocoです。なぜわかったのか?ふふ、それは秘密です(^^)

いくら初対面で持ち上げてくださっているとはいえ「妙齢」も「愛くるしい」(と打っていてハズカシイ変な汗が)も言いすぎです!お恥ずかしい限り。。。藤十郎サマこそ、長身でステキなオジサマオーラが。

にしても、ちょっと時間が短くて残念でした。他にお会いできた皆さまにも、またお会いできます日を楽しみにしております。

藤十郎様も、お仕事も(?)プライベートも充実した東京出張だったのですね。街歩きにも良いお天気で、何よりでした(^^)

あ、確かにハーレム、またはチャーリーズエンジェルならぬ『藤十郎エンジェルズ状態』(自分で言ってどうする(^^;)だったのは間違いないです。傍から見たらきっと。

小豆さま

私も、小豆さんのスカート、どうなっているのかしら?って思っておりました。袴風だったのですね。
あの、全然話し変わりますが、某大夫さんにお手紙出していらっしゃいませんか?印象がだぶったのですが。

藤十郎さんの私へのコメントは、皆様割り引いてお考えくださいね。
でも、cocoさんが「愛くるしい」というのは、私もそう思いました。
皆さんきっかけはいろいろだと思いますし、国立劇場に集まってお話できたのは、とても不思議なご縁ですね。

♪cocoさん

やはりcocoさんはエンジェルです。
ご自身でそうおっしゃっているので間違いないです(笑)。
秘密ですか…う~んなんだろうなぁ。
天気がよいのは歩くのが好きな人間にとっては嬉しいです。
エンジェル!また大阪へもお越し下さい。

♪mainaさん

小豆さんと某太夫さんには何かあるのですね(笑)。
不思議なご縁ですが、味なものです。
どうぞ私を抜きにして(笑)関東の皆様で仲良くお付き合いになってください。

それはないでしょうが(笑)

”清之助さんもお待ちかね”っていうのはありえないでしょうが(笑)、5月1日のNPO文楽座のイベントにあわせて4月末にまいります。GWの最初になりますね。2月の東京と同じで演目がバラバラなので内容を確認して行かないと~、と思っています。

♪DancingDollさん

四月公演はひさしぶりに「玉藻前」と「粂仙人」が出ますね。ゴールデンウィークも文楽ですか!すごいっ!

出遅れました~

藤十郎エンジェルズの一員として悪いやつらを成敗しつつ日々精進してまいります!

指令待ってまーす

あっ
達筆といえば藤十郎さんもすごく達筆ではありませんか!字には性格が出るといいますが、あっちこっち向いてしまう私の字は性格どおりなのであきらめるしかないかも・・・

♪おりんさん

悪いやつら=文楽を見ない連中=を成敗して、どんどん連れて行ってください。
以上、指令でした。

>maina様

某?・・・アハハハハ(ご想像にお任せします♪)

>藤十郎さん
私からの“尊敬”で繋がる三角関係でしたね。
・・・三角関係と言えば、こ、これは妹背山的に踊る展開では?
恐れ多くもお誘いして、三人で練習しましょうか?(失礼・笑)
いやいや、藤十郎さんはまずその前に元祖三人組である“文楽手帖”のお二方と踊らねばなりませんよね。
お手本、よろしくお願い致します(笑)
(ツチコ様&お園様、お許しを~)

♪小豆さん

三角関係というと、まあ小豆さんはお三輪ですよね。私は橘姫になるのでしょうか(!)

お園、ツチ子さんだったら、どちらがどちらでしょうか? それにしても、あのお2人となら一生に一度でいいから求馬をやってみたいです!

私、義太夫界にデビューの暁は竹本某大夫(たけもと ぼうたゆう)と名乗ることにします。いろんな人がこの名前で遊んでくれそうなので。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/389-ae5c7ee6