初夏の遠足 パート2(1) 

5月は、体調は万全とは言えなかったのですが、どうしても見ておきたいものの展示がありましたので思い切って出かけることにしました。頻繁に観られるものではなく、これを逃すともう生涯目にすることはあたわないかも、と思ったのです。
そのお宝とは、5月22日まで奈良国立博物館で展示されていた

    『信貴山縁起絵巻』

や『粉河寺縁起絵巻』(いずれも国宝)などです。『信貴山』は朝護孫子寺(信貴山の寺)の所蔵品ですが、奈良博に寄託されていて、寺には複製が展示されています。私は昨年度の公開講座で一年をかけて『信貴山』を読み、今年は『粉河寺』に挑むことになっていますので、とても無視できないのです。『信貴山』が展示されることは随分前から知っていたのですが、『粉河寺』まで出るとは知らず、天の与えと押し頂き飛ぶが如くに行ってきました。
『粉河寺』はひょっとしたらこれまで実物を観たことがないかもしれません。随分いい加減な記憶なのですが、なにしろ写真版では何度も観ているものですので、既視感はたっぷり。何かの展覧会に出ていたのを観たことがあったかどうか、忘れてしまいました。もし初めてだとするとまさに

    一期一会

ということになりそうです。
ゴールデンウィークや土曜、日曜は避け、13日の金曜日(!)に行こうと心づもりしていたのですが、あいにくあまり歩けそうにない体調で1週間延期、結局19日(木)に出かけました。
車で行くのは楽な面もあるのですが、費用がかかりますのであっさりそのアイデアは却下。となると、安上がりコースの阪急梅田〜JR大阪〜近鉄鶴橋〜奈良がよさそうです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

京都は阪急だけで行けますので楽なのですが、奈良は面倒です。特に乗り馴れない近鉄に乗るのは不安もあります。奈良は終点なのでまだいいのですが、途中で下りる場合などへたをすると通過してしまい、しかもそれに気づかない場合もあります。
以前やはり近鉄電車で吉野に行ったとき、終点まで乗っていたのが

    私一人

ということがあり、駅に着くまでの時間は恐怖というか不安でした。そのまま回送されて車庫にでも連れて行かれるのではないかと思いました。普通の人なら「また、冗談言って!」となるのでしょうが、車内放送の分からない私の場合、シャレでは済まないのです。
どこへ行くのもほとんどひとりなので、こういう時は危ないなと思います。
さて、この日は幸い何ごともなく、奈良行き快速急行に乗って、ほんとうに久しぶりに

    近鉄奈良駅

に着きました。数年前に正倉院展に行った時は車でした。あのときは奈良の帝塚山に別の用があって車で行ったので、その帰りに足(タイヤを?)を伸ばしたのでした。この駅に降り立ったのはそれよりはるか以前で、いつのことだったのかは忘れました。
駅を降りて地上に上がると興福寺はすぐそばですが、何よりもまず博物館です。ドキドキしながら行きました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3893-395a9e6e