幼稚園でのお稽古(第一回) 

奈良市内の幼稚園で継続して実施してきた文楽人形劇が6年目を迎えます。
最初は一回きりのつもりだったのですが、園長先生の肝煎りでここまで続けてきました.まさかこんなに続くとは思っていませんでした。
今年の演目は

    ごんべえさん   
     と 
   もものひめ


です。「もものひめ」? 実はこれは桃太郎を借りたものです。
このシリーズで初めて父娘の情愛をテーマにしました。といっても相手は幼稚園児ですので、わかりやすく、しかも情愛が出るような脚本を書かねばならず、当然私には無理。さあ、その無理なところを可能にするのがこの幼稚園文楽人形劇のいいところなのです。
詳しい内容はまた後日書くことにしますが、どこまで子どもたちに通ずるものなのか、私自身興味津々です。
一昨日は、8時半頃に仕事場を出て、交通費節約のため高速は使わずに中央環状を門真まで行って東へ。170号線に乗って大東市。

    「野崎観音

はこちら」という案内には目もくれず(実際は、目だけはくれましたが)、四条畷市と大東市を出たり入ったりしながら生駒越え。生駒市から奈良市。阪奈道路を降りて某幼稚園までは高級住宅街を気持ちよく走ります。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

もう少し早く着くと思ったのですが、結局10時少し前に幼稚園に到着し、荷物の搬入。そして早速顔合わせをしました。
私からストーリーの説明をして、配役を決めていただきました。
お染人形を遣いたいという人が続出。
こんかいもまた無理難題をお願いするつもりです。例年来てくださる方々から何人か欠けてちょっと寂しいのですが、総勢30人規模の

    劇団

ができました。
早速稽古に入り、まずは人形に馴れていただくことから。
11時40分頃まで稽古は続き、12時に解散となりました。これを四回続けて、五週めがゲネプロ、即本番です。
なんとか格好が付けばいいのですが。
稽古場風景の写真を載せようと思ったのですが、写真を撮ることなどすっかり忘れてしまって何もありません。

スポンサーサイト

コメント

御縁のある地名が

あら、御縁のある地名がちらほら。公演は金曜日ですか。

♪野崎小町さん

すみません、「昨日」と書きましたが、「一昨日」のまちがいです(本文を訂正しました)。
というわけで、私が唯一休める木曜日が稽古、本番です。

そうですか

私は逆に金曜が唯一自由行動ができる日で、木曜は授業+会議です。

♪野崎小町さん

ご苦労様です♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3897-e2d28ee8