梅シロップ 

去年、初めて梅酒を造りました。
せっかく庭に梅の木があって、多数の実が生るのでもったいないとかねがね思っていたのです。梅干しは少し手ごわいかなと思い、比較的簡単そうに思えた梅酒に挑んだわけです。
まったく何も知らないところからスタートしたのですが、今はネットで検索すれば簡単に造り方がわかりますから助かります。
それでも、ほんとうに飲めるのかどうか、心配でした。
先日その封を開けて試飲したところ、これが何とも

    いい香り

の梅酒になっていました。もう夢中になって飲んでしまい、満足しました。
造り方を教えてくれるページはいくつもありましたが、私は

    ほりぐち農園

という和歌山県日高郡にある梅農家さんのページを参考にしました。大きな字でご紹介してお礼代わりとさせていただきます。ありがとうございました。
さて、今年もまた実ができましたので、図に乗って再挑戦しようと思い、5月の末に梅の実を収穫しました。
おおむね梅の実1kgにホワイトリカー1.8リットルということですが、今年は直前に強い風が吹いたため実が落ち、足りないかなと思っていたのです。ところが、1kgちょうど収穫してまだいくらか残っていました。
砂糖(氷砂糖です)は去年より少なめにしてみました。飲めるまではまだまだ時間がかかりますから、今は家の日の当たらないところに置いています。時間が熟成させてくれます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

さて、6月に入り、梅の木を眺めていると、どうもあの残った実が気になってしかたがありません。かといってあと1kgも収穫できるわけではありませんし、さてどうしたものか。
そこでまた「ほりぐち農園」さんにお世話になりました。今度は

    梅シロップ

に挑戦しようと思ったのです。まったく性懲りもなく・・・。
梅シロップは梅酒より簡単ですし、すぐに飲めるようになります。
使うのは氷砂糖と梅の実だけ。実が少なければ砂糖を少なくすればいいので、こぶりの瓶で造ることにしました。
たまたまふさわしい大きさの瓶があったのです。梅酒は4リットル瓶ですが、これは1.5リットル瓶です。
あつらえたような大きさでした。梅の実を洗ってへたを取って冷凍庫へ。こうすることで繊維が破壊されて

    梅のエキス

が出やすくなるそうです。あとは瓶に梅と氷砂糖を入れておけばエキスが氷砂糖を溶かして梅の香りのするシロップができる、はずなのです。
最初に日は単に梅と氷砂糖がまざっているだけで、ほんとうにエキスが出てくるのだろうかと思いましたが、毎日気がついたらゆすっていると、あれよあれよというまに氷砂糖は溶けて、いつのまにか梅の実がシロップに浮いていました。
梅酒は1年くらいほったらかしですが、梅シロップは実が腐りますから10日くらいで取り出します。そして布でこして、火にかけてアクを取りながら弱火で15分。
これでできあがりです。
素人が初めて作ったものとしてはまあまあ合格・・・かな?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3912-40e35f87