変化球投手 

野球のボールには硬式と軟式があります。
握った感じは全然違います。硬式のボールはともすれば滑りそうで、それだけにシーム(縫い目)が重要な役割を持ちます。
私が子どもの頃、変化球というとカーブとシュートが主なものでした。フォークはありましたが、手の小さい日本人にはなかなか使い手が少なく、阪神の

    村山実 さん

などが名手でした。もっと昔は杉下茂さんが名人だったそうです。
今は変化球の種類たるや大変なものです。私がヘッポコ野球をしていたころも、カーブ、シュート、スライダー、フォーク、パームは普通に投げていました。もちろん、どれだけ変化したか、どれだけコントロールできていたかについては保証の限りではありませんが。
ナックルは指の使い方がどうしてもダメでした。ナックル姫という女性投手がいらっしゃいましたが、すごいものです。スプリットフィンガードファストボールは、球がそもそもファストではないので(笑)投げる意味がありませんでした。私が投げると落ち損ねの緩い球ですから、すぐに打たれます。
あとは私の投げ方では難しいシンカー(阪急の

    山田久志 さん

の得意球)とか、スクリューなどもありました。
最近はカットボールもありますし、さらに種類が多くなっています。
あのころはまだツーシームやワンシームはありませんでした。いや、あったのかもしれませんが、少なくとも呼称は一般的ではありませんでした。軟式のボールでは縫い目はなく、縫い目の形をした凸凹があるだけですし、軟式球は全体にディンプルがありますので、ツーシームとフォーシーム(ストレート)の区別はつくものでしょうか?

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

ツーシームやワンシームは変化球とも言えますが、実際は「わずかに変化する速球(ストレート)」という感じです。投げ方はシームに指をどう掛けるかが異なるだけで、ほぼストレートのイメージです。大きな変化で空振りさせるのではなく、速球を少し動かしてバットの芯を外すのが狙いと言えばいいでしょう。
指を4か所シームにかけるとフォーシーム、それを90度回転させて2か所にするとツーシーム、スライダーのように指を重ねるようにしてひとつのシームにかけるとワンシームということになります。
私は変化球が好きで、ヘッポコ時代も好んで投げていたのですが、今のプロの選手を見ていてもオリックスの

    金子千尋 投手

のような七色の変化球を操るタイプに興味があります。金子さんは最近あまりよくありませんが、打者との駆け引きも巧みで、打者にしてみれば押さえ込まれた、というより、いつのまにかアウトになっていたという感じではなかったでしょうか。
プロ野球のインターリーグで日本ハム対阪神があり、関西でも

    大谷翔平 投手

をテレビで見ることができました。163km/hという、信じられないようなボールを投げる人ですが、変化球は今ひとつでした。この人はやはり早いうちにアメリカに行って、もっと変化球を自覚的に磨く必要があるのではないか。そんなことを思いながら見ていました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3914-d38f2e2e