へたばってます 

大リーグのイチロー選手の大リーグのみでの3000本安打達成が目前になっています。日本でキャリアを積んだ上での成績ですから、すごいものです。大体、あの歳で内野安打が打てるというのは驚愕です。左打者は最初の一歩が右打者より有利なのですが、それでもあんなことはできるものではありません。わざと芯をはずしてゆるいゴロを打ったりするといわれますが、時速150kmを超えるボールに対応してどうやって

    バットをコントロールする

のか、不可解ですらあります。私のような素人だったら時速150kmなんて多分球筋が見えません。さすがに見た目は老けてきた(笑)イチロー選手ですが、からだは今なお30歳そこそこの選手よりも若々しいのではないかと思わせるものがあります。若い選手になかなかすばらしい人がいて、今はレギュラーではないのがもったいないくらいです。
大リーグの選手は多国籍です。アメリカ人はもちろんのこと、ドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラ、キューバ、韓国、台湾、最近ではドイツ出身の選手もいます。
イチロー選手が所属している

    フロリダ・マーリンズ

に、新聞記事などに「エチャバリア」とか「ヘチャバリア」とか表記される選手がいます。キューバ出身だそうで、この選手の名前を見るたびに「私のほうが『へちゃばってる』よ」とツッコミをいれるようにしています(笑)。

にほんブログ村 演劇へ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

この二か月はほんとうにくたびれました。
研究日もなく仕事場に行って、朝から晩まで仕事して、時には奈良に飛び、時には病院に行き(これは仕事じゃない)、働けるだけ働きました。
もちろん

    楽しんでいる

面はあります。授業はしんどいですが生きがいです。学生に何かを伝えることは悦びです。ものを書くことも、出来上がったものがなんらかの意味を持つなら嬉しいのです。誰かに読んでもらえるとか、演じてもらえるとか、演じられたものを観たり聴いたりしてもらえるとか。奈良の幼稚園での園児の笑顔は何ものにも代え難いものでした
それにしても時間がありませんでした.授業も公開講座も、予習に追われて始まる3分前に予習が終わったなどということも何度もありました。実際は予習不足で、また次の時間まで

    課題を積み残す

ということもあり、よけいに時間がかかったのでした。
ほとんど出かけることはありませんでしたが、まれにそういう機会があると、あそこもここもと目的地を詰め込んで一日中ウロウロして、よけいにくたびれたのでした。特に、暑い時期ですから、脱水症状を起こさないように注意しつつも家に帰るとぐったりというのがお決まりでした。
体調もさすがに下降気味で、毎日自分でおこなう検査では数字がジリジリと下がっています。そして、珍しいことに腰が痛くなりました。おそらくずっとデスクワークをしていたからでしょう。座り方も不自然らしく、左だけが痛みます。
しかし、あのイチロー選手という人はへちゃばることはないのでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3957-61cd963f