第32回だしまきの夕べ 

お詫び申し上げます。
この七月、いろいろなことがあって頭がうまく働かず、「だしまきの夕べ」の告知をすっかり忘れておりました。実は昨夜

    8月6日(土)

がその当日でした。
直前になってやたけたの熊さんから連絡をいただき、「えっ! もうそんな時期ですか!」とお答えする始末でした。
今さら告知する意味はないという時期になっており、本当に失礼致しました。
私は暑さですっかり参っており、失礼致しました。
次回は何とか参加できるような平和な秋になることを願っております。

にほんブログ村 演劇へ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

議事録

出席者は、まゆみこさん、ぶたねこさん、ハヌルさん、ハルミさん、おわぞんさん、 花かばさん、らくださん、やたけたの熊の8名でした。まゆみこ副会長のご発声で始 まり、始まり!

・2人分の席が余ってるよ。お店の入口ちかくに〇五郎さん、〇臣さんがいるから呼 んで来たら。「ちょうどお二人分、用意してたんですよ」って。

・それって白々しいよね。やっぱりムリムリ。

・一部の新編西遊記GO WESTは、後半にちょっとダレるところがあったな。子 供向けには、動きがないと飽きられてしまうからね。その点、五条橋は子供が夢中で 見てました。

・わたしは隣の子供がお菓子の袋をガサガサうるさくしても、親が注意しないから 困ったよ。

・二部は、殺しモノが二つ続き、しかも幕間が短いから、なんだかヘンな感じ。殺し モノと、まったく違う演目のほうがよかったのにね。

・怪談や殺しモノは、文楽よりも歌舞伎のほうがオドロオドロしさがあるよね。人形 はあっさりしてるから。でも院本物はもちろんほとんどの演目は、文楽のほうがきれ いなので好きです。

・三部。喜劇は文句なしでいいよね。文楽は喜劇が少ないから貴重。もっと作ってほ しい。

・モリエールの原作通りやけど、床本よくできてるね。酒屋や新版歌祭文のパロディ も入れ込んであって、やっぱり井上ひさしさんはすごい。

・モリエールの著作権なんてとっくに過ぎてるから、文楽への焼き直しをもっと作っ てほしい。われらが藤十郎さんに作っていただきましょう!

・人形遣いは大物がワンさと出て豪華でした。宝塚なら花組・星組・月組・・・の トップスターが勢ぞろいのような(笑)

・英太夫師匠の「カネが・・・」だけで笑ってしまいます。真に迫ってるなぁ(笑)

・文楽評論って、誰のために書くのかということでとっても悩んでしまいます。自分 自身「こんな楽しい芸能ですよ」というような評論を読んで文楽を好きになったか ら、自分も文楽を知らない人に、文楽を紹介する評論を書こうとしました。藤十郎さ んも同じ視点だったと思います。

・でも楽屋内だとか評論家のなかには、技芸員を気づかせて育てるような厳しい評論 をしなければ、という意見もあるので難しいのです。両立はなかなかできるものでは ないですからね。

・文楽を紹介する、ということでいいと思うよ。楽屋内のことは楽屋内でやったらい いんやからね。

・住師匠、嶋師匠でもいちばん活躍されてたのが55歳~70歳。それから見ると、津駒 さん、文字久さん、呂勢さんは、すぐにも花形名を継がさないと。

・英さんは69歳。いまさら呂はおかしいよ。やっぱり若でないと。

・襲名するとやっぱり襲名した分、ステップアップするからね。錦糸さん、燕三さん も大きくなられました。

・それにしても太夫の使い方が偏りすぎ。咲甫太夫、靖太夫をこれでもかと使う反面、南都太夫、三輪太夫の出番が少なすぎる。しかもほとんどが掛け合い。これはす ぐにも是正してもらわないと。

・錦秋文楽、朝からいきなり志度寺かい。しかも演目はバラバラ。いくらミドリと 言っても脈絡がなさすぎ。

・やっぱり通しにしてもらいたい。4月と11月はね。

・文楽って、個人がお金を出してもやってくれるのかなぁ。

・やってくれますよ。最低でも35万円はかかると思うけど。

・伊賀の実家は40畳ほどの大広間があるから、そこでやってもらおうかなぁ。

・伊賀なら、やっぱり伊賀越えかなぁ。鍵屋の辻もあるからいいね。

・ナンバから伊賀までの送迎バスも用意してくださいよ。

・全国の都道府県で、文化にお金を使うのが富山県で、県民一人あたり5千余円と か。最低は大阪府。府民ひとりあたり75円とか。富山県と100倍ちかくも差がある とは・・・

・気になる次回のだしまきは・・・11月19日(土)になりました。

・吉例の大阪締めでお開きになりました。

追加です

 皆様、昨日はありがとうございました。熊さん、はなかばさん、いつもお世話様でございます。
 藤十郎さまも、この時期は体調とりにくいですね。どうぞお身体おいといください。
 上の文楽を個人で招くの件ですが、太夫三味線だけか、人形何体かでかなり幅があります。かならずしも上の金額とは限りませんが、やはり芸への尊敬を表すなら、それ相当の謝礼をお払いできたらいいなと思います。プロの方の技芸への報酬ですから。

♪やたけたの熊さん

いつもありがとうございます。ひと仕事ですね。でもおかげさまで雰囲気を味わわせていただけます。

♪まゆみこさん

40畳の部屋って、すごいですね。
素浄瑠璃にまゆみこさんの解説、対談というのがいいかも知れませんね(^o^)v。

だしまき

久しぶりに参加させていただき楽しい時間を、過ごさせていただきました。
40畳は間違いで、ふた部屋ぶち抜きでその半分です。びっくりしました。

♪花かばさん

そうでしたか。
それでも広いですね。素浄瑠璃に合いそうな広さかも。文楽の人もいいですし、女義さんもいいかも知れませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3963-5c99938b