金壺親父恋達引(3) 

それにしても、豪華な配役でした。和生、勘十郎、玉男、玉也、清十郎、簑二郎、勘弥、玉志、勘市。勘十郎さん以外で目立ったのは、手代豆助を遣った玉也さんでした。軽めの役ではありましたが、人形が先に動いている、といえばいいでしょうか、わずかな動きの中にいい味が出ていました。昔の玉也さんはその逆で、どうにも「人形遣いが芝居をしている」という印象が強かったのですが、今はすっかりそうではなくなりました。
簑二郎さんのお梶は、実は

    損な役

だったと思います。この芝居はほとんどが二枚目で、その中に金左衛門がいるからこの人物が際立っておもしろいのだと思います。ところがお梶は三枚目系で、金左衛門と同じ系列。しかし金左衛門の上を行くわけではなく、どうしても影が薄くなってしまいました。
玉男、清十郎、勘弥などの二枚目系は、二枚目であればあるほどいいので、それぞれお得意なところだったと思います。行平とお舟が実は徳右衛門の子であることがわかった、という

    「そんなあほな」

といいたくなるような場面は、彼らが二枚目だからこそおもしろいのでしょう。あそこを「そんなあほな」という崩した演技にしてしまっては逆効果で、真剣に親子の再会を喜び合う「くさい芝居」に徹すればいいのだろうだと思います。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

ところで、人形の首は概ね妥当だとは思いましたが、行平と豆助に関しては考慮の余地があるのではないかと感じました。行平は、万七の個性を壊さないためにも検非違使にしてみたらどうだろうと思いました。あまり細かくチェックしなかったので間違っているかもしれませんが、行平も万七も動きがない源太だったように思うのです。もし両方とも源太にするなら、行平は眉の使える源太にするとか。豆助も、もう少し骨のある首でも違和感はなかったように思うのですが。
朝、昼、夜の

    三段の区切り

を短い幕を使っていましたが、あれはなんとかならないものでしょうか。特に意味を感じませんでした。地の文にも「昼」「三五の月」などという語が出てきて時間の経過は示されていますし、照明、効果音などで対応できますし。
さて、金左衛門以外の一同が去ったあとの結末部分です。
ここをどう描くかが重要だと思ったのですが、私が観た時は上から金の紙吹雪が舞い降りて、金左衛門は

    金メダル

を首からぶら下げて、相も変わらず小判に頬ずりをしていました。あれは勘十郎さんのアイデアなのでしょうか。親子劇場ならいいのですが、私は過剰な演出だと思いました。オリンピックがおこなわれているからああいうものを出されたのでしょうが、私にいわせれば台無しでした。この話の最後は悲劇でも喜劇でもない人間劇なので、無理に悲しませることも笑わせることもない、金左衛門の日常がまた戻ってきたという程度でよかったのではないか。
異論が多々あろうかとは思いますが、無理に「明るく打ち出す」(プログラムの「鑑賞ガイド」より)ことはなかったと私は思っています。「文楽は大衆芸能」という考えが何か違った意味に捉えられていないか、とも思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3988-39f2d15d