文才 

高校時代には小説を書いていました。子どもの戯れのようなレベルでしたけれど、いつか文学賞に応募しようと真剣に考えたこともありました(実際に応募したことはありません)。
たとえば三島由紀夫のように、ほんとうに文才のある人は双葉より芳しいもので、中学時代にはもういっぱしの作品を書いているものです。高校時代に「超中学級」の文章力しか持ち合わさなかった私など、話になりませんでした。
ただ、人間というものは(私だけかもしれませんが)あつかましいもので、それでも自分には何らかの文才があるのではないかと、

    性懲りもなく

思い続け、短歌を詠んだり俳句を吟じたりしていました。
そして行き着いたところが新作落語。口演台本を書くというのが何ともおもしろそうで、私が求めていたものはこれだ、と思いました。
近松門左衛門が書いた新しい浄瑠璃の試演があるというのでこっそり聴きにいった若い男女が思いがけないヒントを近松に与えた、という話。
大坂の和光寺さんのあみだ池から龍が昇るという噂を聞きつけた人が次々に集まり、その時刻になるとほんとうに龍の姿が見えるが・・・という話。
こういう話をいくつか作ってみたのですが、どうにも

    笑えそうにない(笑)

ものばかりでした。
そこでさらに何かできないものかと考えて、またまたたどり着いたのが創作浄瑠璃でした。私が求めていたものはこれだ、とふたたび思って今度こそ何とかならないものかと書いてみました。『濱鵆恋帚木(はまちどりこひのははきぎ)』『斎宮曉白露(いつきのみやあけのしらつゆ)』『名月乗桂木(めいげつにのせてかつらぎ)』が私の三大浄瑠璃(笑)です。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

最近はもっぱら短編浄瑠璃で、江戸本所を舞台にした「江戸っ子浄瑠璃」を四つばかり書いてきました。これからは「江戸っ子」に限らず、上方ものも書いていこうと思っています。
そういうものを書いているうちに、またまた「私って、ひょっとしたらやっぱり文才があるんじゃないの?」のという錯覚に襲われるようになりました。仕事でも学生に文章の書き方などを教えることがありますから、そういう体験からも

    「私はプロ

なのだから、文章はうまいのだ」と都合のいいように思い込んでいたかもしれません。
この夏から秋にかけて、かなりの文章を書いてきました。ほとんど誰も読んでくれない(泣)と予想しているものもあるのですが、中には少なくとも数百人の人には読まれそうだと思うものもあります。
そこで張り切って書いたのですが、下読みしてくださった方から徹底的に

    ダメ出し

が来ました。その指摘を拝見すると「なるほど」と思うことが多く、ここにきてまた「やっぱり私は、文章はうまくないんだ」と思い知らされることになりました。
いささか落ち込みもしましたが、そんなことは言っていられません。しっかり書き直してまた見ていただくことにしました。

スポンサーサイト

コメント

先生のかかれるものを理解できる人の方が世の中少ないのです。
笑える創作落語も期待しております。

よかったらそれも下読みしますけど・・(笑)

  • [2016/10/17 21:00]
  • URL |
  • 下詠み人知らず
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♪下詠み知らずさん

はじめまして。
笑える創作落語。書いてみたいです。人間の弱さや愚かさを描いて、笑っていただいて、「ん? 笑ってる場合か?」と寒気がするような落語を。
その節は下読みをお願いいたしますm(_ _)m

ワォ、素敵だわ。

@たまたたどり着いたのが創作浄瑠璃でした。私が求めていたものはこれだ・・

ワオ、はいはい。。。。。来た、来ました。
来たわ、そうそう、此処!これなのです。

@たまたたどり着いた・・

どうやったら、そんな極地に。
たまたま辿り着きはるんやろか?と、
想像すらできない凡人には。

ダメ出しなさった方の勇気にも、敬服いたします。ダメ出しされるセンセのご様子を想像すると、フフ(笑)、あm失礼しました。

いつか、上梓なさいましたら拝読させて下さいませ。
個人的に、ノーベル文化賞に推薦いたしますあ、違う。文学賞でした。

或いは、私設で、ノーベルさんのチョイひねりで。
ノーボル(昇る)文化・文学貢献賞を謹呈いたします。
※賞金は楽天or、Amazonのポイント5倍の図書券・・。
あ、図書券って、もう無いのか?じゃあ、商品券?
あ、宝くじって、手も在るか、でもポイントは貯まらないのか。。
センセ、どっちがいいですか?
(本気でお答えなさいましたらば。直ちに、ご近所の。元・偉い人のイケメン坊ちゃんに進言してきましょう)

♪教え子です、さん

今回は従順に「教え子」さんですか?
創作浄瑠璃って、「極地』ですか! たしかにあまり多くの人はたどり着かないかもね。
ダメ出しは結構しょんぼりします(笑)。でも、身の程がよくわかりました。
もし教え子さんが近くにお住まいだったら、「旦那さんの世話なんてほっぽり出して手伝って!」と頼んだのですけどね。さらにキツイダメ出しが来るかも。
彼は文部科学省には顔は利かないのですか? 推薦図書にしてもらうっていうのがありますけどね。

トホホ、純然たる教え子なのに・・。

アハハは!!イカン、しまった。
PCの前で、声を上げて大笑いしてしまった・・・。

@従順に・・って、

いや、まぁ、確かに、そりゃそうですが・・。
ああ、いつになったらセンセへの敬慕を、それこそ従順に。
受け止めて頂けるのでしょうか・・?頑張れ、わたし。 
あ、しまった。失礼しました。

拝復 ご返信ありがとうございます。

誰かさんの顔が利く範疇って、排他的経済水域の、底の底の深海ぐらいでしょうか・・。(決して密漁では無い筈
です)
と、こんな不毛なコメントを送信することしか出来ない、教え子にお手伝いなんて、出来るわけが無い。
・・なのに。

@さらにキツイダメ出しが来るかも。

キツイを上回って、@さらに、って・・・。

・・・センセ、ヒドっ・・。あ、失礼いたしました。

ま、私にデビルジョークの手ほどきをなさったのが、どなたでしたっけねぇ~?
(しかし、身から出た錆という言葉が、、どうしてか?目に痛い・・)

  • [2016/10/19 20:04]
  • URL |
  • (常に従順な)・押し得子です。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♪押し得子さん

押し得子さんの手下の元ソーリダイジンの息子は文教族じゃないよね。文学も勉強しなさい、と次の選挙のときにでも説教しておいてください。
押し得子さんにはいい成績をつけたはず。
それは将来仕事を手伝ってもらうための布石だったのに…。
ま、次の仕事ではよろしく。

・・・・。時給?秒給?或いは年棒?

取りあえず、逃げよ・・。
@布石だったのに…

そんな思惑を読み取れていたらば・・恐らく。こんなコメントで恥さらしして居なかっただろう・・。

ところで。
@文学も勉強しな・・・説教しておいてください。

ドラ坊ちゃん(ドラ息子とは、言ってません)の語彙の少なさと拡がりの無さ。
おかしいなぁ・・元・総理秘書官というコピーライターのエリートさんが付きっきりでしょうにねぇ?
彼は暗記が苦手だったのかな・・。

むしろ、人工知能のAIに、下読みしてもらうほうがいいのかもしれません・・。

※仮に。実際に彼にそんなことを言ったらば、AIに戸籍を待たせる憲法改正を、真剣に考えそうで、怖い・・。

  • [2016/10/19 21:22]
  • URL |
  • 押し得子です。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♪押し得子さん

いまさら給料? あの成績が前払いなのに・・・

・・。

悪しからず、逃亡中につき。

いかなる呟きも、呼びかけも、聞こえなかったことに致します。(猛ダッシュで、逃亡しなければ。。)

  • [2016/10/21 14:06]
  • URL |
  • 押し得子です。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4035-aa2bfc15