パソコンで年賀状 

父は手紙類が苦手な人でしたので、年賀状はかなり早くから印刷を頼んで(会社に出入りの業者があったのかな)いましたが、私はついぞそういう印刷の仕方をしたことはありません。
もともと手書き主義なのです。しかし、次第に枚数が増えていったうえ、パソコンのソフトが充実してきたこともあって、挨拶文を何種類か作って(相手がどういう人かによって使い分ける)印刷していました。
ところが、その後、枚数が減ったこと、家では作れないことが理由で、このところはパソコンではなく手書きをしてきました。
今年もそのつもりで、インクジェットではなく、

    普通紙の無地

の年賀状を買ったのです。
で、少し書き始めたのですが、小さな写真を入れたいこと、挨拶文がお願い(あるいは宣伝)文を兼ねているため、わかりにくい字で書くのはよくないだろうと思うに至ったのです。手書きする手間はあまり気にならないのですが、そういうわけで久しぶりに印刷をしてみました。
と言うともうお分かりかも知れませんが、その

    お願い文

というのは先日ご案内申し上げた出版のことなのです。それでなくても赤字生活をしていますので、これ以上の赤字はできるだけ避けたいという思いであらゆる方面に頭を下げて買っていただくようにお願いしています。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

写真はその本のカバー(ただし「案」の段階のもので、変更の可能性有り)で、それを小さく印刷しました。インクジェット紙でなくても特に気にはなりません。
そしてお願い文では、厳しい出版事情なので拡散していただきたい旨をあつかましくも書いておきました。
そして、自前のプリンタがないので貸してもらって(なさけない・・・)、まず一枚試し刷り。きれいにできました。

    が、

上下を逆にしていました。一枚無駄にしました。もちろん、あとで郵便局に持って行きます。二枚目以降は順調なので、あとはすべて機械にお任せ。やはり便利なものだな、などと優雅に構えているとと、あっというまに終わったのでした。
もっとも、表書きと「頌春」の文字だけは自分ですべて書くことにしていますので、例によって

    筆ペン

です。すべて書き上げて念のために裏面を確認、チェックすると・・・「なんじゃ、これは!」というのが数枚ありました。文字やら写真やらがごちゃごちゃになっていて、何が何やらわからないものができているのです。
はたと思い出しました。最初に数枚、手書きし始めていたことを。そう、その手書き済みのものにまで印刷してしまったのです。
これもまた郵便局に持って行きます・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4117-db34b7fc