校了 

論文の校正はさほど重労働ではありません。量もたいしたことはありませんし、多少の悪文は許されますし(と勝手に思っているのです)。
しかし、仮にもお金を出して買っていただこうとする本の場合は、かなり細かいことまで考える必要があります。ルビをどう振るか、など、簡単なようで頭を悩ませました。
しかし、先日、やっと校了しました。
まだ仕事は残っていますが、いくらかほっとしています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4131-7968c6a2