怪しい字 

脅迫状では、犯人が筆跡を隠すために左手で書く、ということがあるようです。
書いたことはありませんが、書かれたことはあります。ただし、それは無差別大量に送るたぐいの脅迫状、というか、詐偽なのでした。
大量に送るものだけに、自筆ではなくパソコンでの作成。
詐偽にもバカ丁寧な(と書いた本人は思っているであろう)文章もありますが、脅迫するものもあるのです。
お前の弱味を知っている、証拠も握っている、というわけです。
私は何ら弱味を持っていませんでしたので平気でしたが、不安に駈られる人もあるでしょうね。そこが犯人の狙い目です。
今、私の書く字は左手による、変な字です。
図書館あたりでメモした紙を置き忘れたりしたら、司書さん、ビックリするかも。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4138-5361ae88