春休みのしゅくだい 

授業は終わり、成績は今日が締切。熱を出して一回お休みをいただいたために延びてしまった公開講座も今日が千秋楽。これで2016年度の仕事らしい仕事は終わりです。
ということで、ほぼ

    春休み

に入ります。
これから約2か月が仕事を集中してできる時です。頑張らねばなりません。
まずは『源氏物語』の原稿。丸一年4回短歌の雑誌に連載させていただいたのですが、続けてもよいと言われておりますので、頑張ろうと思います。そうすることで、学生時代以来きちんと勉強しないまま過ごしてしまったこの大作に少しでも接したいと思っています。
『源氏物語』というと、4月から学生への授業で

    宇治十帖

を読むことにしているため、しっかり予習しなければなりません。15回分のテキストは作っておかなければ、4月以降の忙しさを思うととてもやっていけません。
できれば宇治に行って写真も多く撮ってきたいのですが、できますかどうか。私の授業では、文を読むだけではなく、絵、写真などを多く見せることにしていますので。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

公開講座が仕事場の都合で廃止になり、別の形でスタートするつもりではあるのですが、その場合、受講者の皆様にはご迷惑をおかけすることになります。早い話が時間とお金の面で負担が大きくなるのです。しかし、中には「もっと多くの時間、『源氏物語』が読めるなら嬉しい」とおっしゃる方もいらして、その熱意には頭が下がります。それだけに、きっちり予習をしなければなりません。受講者のみなさんが時間の負担が増えるということは、私も長い時間お話ししなければならなくなるわけで、

    予習の時間

がさらに増えます。
勉強ですからありがたいことなのですが、体力的にいささか心配。そこで春休みにできる限り予習しておきたいと思っています。
講座の代わりの勉強会はひょっとすると2つになるかもしれず、その場合、『源氏物語』以外のものをどんなテーマでしようか、というのが問題になってきます。

     『枕草子』

という手もあるのですが、どうも私はまだこの作品のお話をする自信がありません。いずれにせよ、こちらは新たに予習せねばなりませんから、これも大きな課題になります。
というわけで、この春休みも忙しくなりそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4140-2aab1760