切手 

昔は切手を集める趣味の人が多かったと思います。私も集めるというのではありませんでしたが、ときどき記念切手を買っていました。記念切手はそう頻繁に出るものではなく、今のようにご当地切手だとかアニメ切手だとかそんなものはありませんでした。切手趣味週間というシリーズで広重の浮世絵のものが出ると割合に買ったと思います。
でもやはり一番思い出に残っているのは

    信貴山縁起絵巻

の護法童子の切手です。信貴山がどこにあるのかも知らなかったはずですし、護法童子などという言葉はまして知る由もありませんでした。ただ、あの不思議な姿は強烈な印象を受けるに十分でした。
高校生くらいになるとあまり興味が湧かず、そのままいつしか普通切手ばかりかって使うようになりました。
最近は私の居住地である宝塚市ならではの切手があり、これはおもに女性に手紙などをお送りする時に使うと喜んでいただけるのです。と言うとお分かりだと思います。

    宝塚歌劇

の切手です。
80円切手もありましたし、82円もあります。収集するのではなく、使うようにしています。
先日、あるかたに大きめの郵便物をお送りしたら、切手代だけでもとおっしゃって、昔の記念切手を送ってくださいました。鳥居清長の浮世絵、文楽人形の首、そして厩図屏風の図柄のものでした。せっかく買っておかれたものなのに申し訳ないのですが、送り返すわけにも行かず、ありがたく頂戴致しました。
是非使わせていただきます。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4169-52d783b5