本を書くということ(8) 

こうして四校が出てきました。もうほとんど問題はありません。あとは索引との整合性、事実が正しく書けているかのチェック、書き落としはないかの確認、文章の体裁の見直しなどです。
索引もなかなか面倒でした。一人で作業しますので間違いを犯す可能性があります。ですから、ざっと作っておいて、しばらく時間を置いて見直すようにしました。五十音順に並べるのはコンピュータの得意技ですから何も問題はないのですが、データを入れるのは私です。何度もチェックしたのですが、まだ何か間違っているのではないかと案じています。
ここまで来ると編集者さんとの

    二人三脚

になります。日によってはメールを何十通も交換してチェック、チェック。とにかく間違いのない本を目指しますから、神経をすり減らしながらの作業です。「ワオーッ」と叫びたくなることもありました。
英太夫さんの前書き、私のあとがきもあります。特にあとがきにいろいろ指摘を受けましたのでかなり練りました。編集者さんからは「もっと思い切って書いてください」と強く言われました。「みなさんの協力で本ができました」という謝辞だけのあとがきではつまらない、ということでした。
案外、一番

    力の入った

文章はこのあとがきかもしれません。こうして二月の半ばに四校をお返しして、さらに五校(最終校)からしろやきが出てからのチェックもして、帯の文の書き方についても相談し、私の作業はすべて終わりました。印刷所のみなさんにはかなりご苦労をおかけしましたが、あとはお任せします。
こうして本作りはまもなく完成を見ます。できあがったものは小さなもので、書店に並ぶのも短い期間。手にとられたとしてもすぐに書棚に戻されたりしてついには返品ということになるかも知れません。
しかし、私としてはもう悔いはないのです。刊行は三月二十日の予定で、すでにアマゾン、紀伊国屋、楽天ブックスなどには案内が出ています。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

藤十郎様
出版までの道のり、毎日楽しく読ませて頂いています。
本の事とこちらのブログの事を拙宅で紹介してしまいました。
これで売れに売れまくること間違いなし。
…なんてことになればいいのですが…。
文楽ブログではないので、あまり期待は出来ません…すみません。
店頭に並ぶ日を楽しみにしています♪ワクワク♪

出版不況の昨今、確かに書店店頭に並ぶのは短い期間かもしれません。でも、この本は国会図書館をはじめ、各地各大学の図書館に、未来永劫蔵書されるのです。この本を書くのに、過去の先達が残した様々な本を参考にしたように、未来の読者に残す遺産とするのです。それだけの価値がこの本にはあります。先生は歴史的なお仕事をされたのですよ。

♪かしまし娘さん

重ね重ねありがとうございます。
カバーを初め、デザインがとても明るくてしゃれています。アマゾンの写真ではわからないすばらしさですよ。中味は・・・あまりよくわかりません。

♪Sさん

ありがとうございます。なにしろ専門家と胸を張るだけの経験も知識も見識もありませんので、どなたかが参考にしてくださるものか、自分では見当がつきません。
編集者さんのおかげでずいぶんレベルは上がったとは思っていますが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4177-c70a35d0