リハビリに励んでいます 

蜂窩織炎らしき病気に罹って丸2か月になりました。
内科医は今なお「蜂窩織炎でいいかなぁ?」と疑っていますが、かと言って他に説明のしようがないようです。
右手の親指と小指以外が動かなくなりました。腫れがひどく、痛みもあり、パソコンのキーボードは打てない、マウスは使えない、部屋のカギを開けることもできない、荷物は持てない、手動のドアは開けられない、箸もペンもだめ。風呂に入るのも億劫でした。左利きですのでフォークやスプーンは普段から左で、これはオーケー。
抗菌剤が効いて、少しずつ指が伸びるようになり、五本の指がすべてまっすぐに立つようになったのは発症後1か月ほど経ってからでした。
そるらでも自由にはならず、中指はマウスを使いながらリハビリのように動かしていました。
この記事を書いている時点(3月初め)では発症する前とほとんど変わらないスピードでキーを打つことができるようになりました。
残るのは手首。けれも少しずつ動かすことっかなり曲げられるようになりました。
もうひと息です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4186-802fec44