創作浄瑠璃を書きました 

春休みの宿題として自らに課していたものは
 ☆呂太夫さんの本をきっちり仕上げること
 ☆『源氏物語』の原稿を書くこと
 ☆創作浄瑠璃をひとつ仕上げること
でした。
ひとつ目は、編集者さんの奮闘で私はあまり必要なかったと思うのですが、いずれにしてもできました。宿題を助けてもらいながらこなした、という感じですね。2月24日が「仕事納め」でした。
二つ目は、誰も助けてくださいませんので(笑)、自分で頑張って書きました。もちろん『源氏物語』の専門家ではない私の場合、先学諸賢の学恩を受けることは甚だしいのですが。これは呂太夫さんの本と並行して書きました。締切が二月末なのですが、提出したのは20日頃だったと思います。
そして三つ目。これがかなりの難題でしたが、意を決して、2月24日の呂太夫さんの仕事が上がってからすぐに書き始め、3月4日にほぼできました。9日間で書いたことになりますが、分量は原稿用紙7枚分。ぐずぐずしているな、といわれそうですが、何度も何度も書き直しや加筆、削除をしますので、時間がかかってしまいます。そもそも、本当に文章を書き始めるまでのストーリーを考える時間が必要ですので、余計に時間がかかります。ストーリーはかなり前から頭の中で整理しつつあったのですが、かなり変更を加えました。
そして6日には

    野澤松也

師匠にお送りしました。師匠が、これなら使える、と思ってくださったら作曲してくださるはずです。
さて、どうなりますことやら。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4187-293bf35f