賞味期限 

大学生の末娘は、家計を助けるべくバイトをしています。学生はたいていバイトしていますが、思えば私は親不孝だったなと思います。何しろ家庭教師しかしたことがなく、あとは

    親がかり

でしたから。
もっとも、私はお金をあまり使わないので、家庭教師くらいでじゅうぶんやっていけたのですが。
末娘はあるレストランで働いてるらしく、そこはもともとパン屋から発展したところなので、パンが自慢なのです。
しかし、どうしても余りが出てしまいます。それは翌日に売るわけにはいかず、

    廃棄処分

になります。
それで、時々彼女は貰って帰るのです。
賞味期限は当日。しかし誰も夜には食べず、結局翌日に消費することになります。
私も、時々サンドイッチがあると次の日の昼ご飯にもらっていきます。贅沢な昼ご飯です。
時にはそれでも余り、結局丸一日あとの夕飯に食べたりします。
私自身が賞味期限の切れた人間ですから(笑)、古いパンもなかなかよく似合うのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

     赤 


     ピンク 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4193-f261bc26