文屋康秀 

「六歌仙」をご存じでしょうか? 古今和歌集の序文に「近き世にその名聞こえたる人」(近い時代に名が知られている人)として挙げられている、在原業平や小野小町ら六人を総称してこのように呼ぶことがあります。
しかしこの六人のすべてが今もよく知られているかというと、そんなことはないのです。『古今和歌集』の序文でも彼らのことを絶賛しているかというとそうでもありません。序文の筆者である紀貫之は「この六人が知られてはいるが、いいところも悪いところもある」と言わんばかりに書いています。たとえば業平なら

     「心あまりて詞たらず」
        (思いがあふれて歌の詞が足りない)

という具合です。
業平と小野小町は美男美女ということで知られていますが、ほかにいくらか知られているのはせいぜい遍昭あたりまででしょうか。古典文学のお好きな方ならともかく、残る文屋康秀(ふんやのやすひで)、喜撰(きせん)法師、大友黒主(おおとものくろぬし)はいかがでしょうか。喜撰は『古今和歌集』に一首だけ採られている「世をうじ山と人はいふなり」の歌(『百人一首』にも入っています)で知られているかも知れませんが、この人はどういう経歴で、ほかにどんな歌を詠んだのかなど、よくわかりません。

    文屋康秀

は『古今和歌集』に五首入っていて、「吹くからに秋の草木のしをるれば」の歌は『百人一首』にも採られて有名です。しかしこの「吹くからに」の歌は彼の子の文屋朝康(ふんやのあさやす)の作だという伝えも多いのです。大友黒主は六歌仙で唯一『百人一首』にも採られない人で、知名度もさほどではないでしょう。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

このうち、文屋康秀は小野小町と交流があったことが『古今和歌集』から知られます。彼が

  三河掾

になったときの小町とのやりとりがあるのです。康秀が「県(あがた)見にやえ出で立たじや」と言い送ったところ、小町が
  わびぬれば身を浮き草の根を絶えて
      誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ
と詠み送ったのです。三河の田舎をご覧になることはおできになりませんか、という問いかけに、つらい人生なので、浮き草が水に誘われて流れていくように、私も誘ってくれる人がいたら行ってしまいたいと思います、と返事しているのです。実際に一緒に行くわけではありませんし、行けるわけもありません。ただ、三河という田舎の三等官(地方官は守、介、掾、目の四段階があり、「掾」はその三番目)として赴任する気持ちを思いやっているのでしょう。

    挨拶の歌

ですから、あまり二人の関係に色恋の要素を見ることはないと思うのですが、すくなくともこういうやりとりをする関係であったことは注目されます。小野小町という人はあまりよくわからない人ですが、こうしてほかの人のエピソードの中に顔を出すことがいくらかありますので、小町のお話をする時には話題にしたいと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4201-ccaa824c