漢詩を詠む梅 

梅の木が好きなのです。春の始めに咲くために「花の兄」とも言われる白や紅の花もいいですし、実が生るとまた愉しみがあります。
私はこのところ家の老木の実で梅酒と梅シロップを作っています。なかなかいけますよ。
すでに桜が散っているのに、今ごろ梅のことを書くのもどうかと思いますが、文楽四月公演『菅原伝授手習鑑』上演中ということもありますのでご容赦を。
梅と言えば、天神様。『菅原伝授』でおなじみの

    菅原道真

が思い出されます。
道真が太宰府に左遷される時、彼の邸宅(今の下京区菅大臣町)の梅に向かって詠んだという歌もよく知られています。

  東風吹かば匂ひおこせよ梅の花
     あるじなしとて春を忘るな(拾遺和歌集)

結句は「春な忘れそ」とする本もあります。「〜な」はもともと男性が目下の者に禁じるときに用いられた言い方、「な〜そ」は女性が用いる、あるいは女性に対して用いる言い方でした。後者は「どうか〜しないでおくれ」というニュアンスを感じます。梅を女性のように見れば「な〜そ」もあり得ますし、漢詩人の道真なら漢文訓読にも用いられた「〜な」がよいようにも思います。
この梅の木はすさまじいパワーをもっていて、道真が筑紫に到着するとその片枝が飛んできて、そこに根づいたといわれます。そうです、飛び梅伝説。「梅は飛び桜は枯るる世の中に何とて松のつれなかるらむ」ですね。
あるとき、道真が筑紫に飛んできて成長した梅に向かって

  ふるさとの花のものいふ世なりせば
     いかに昔のことを問はまし

と詠みかけたのです。「おまえという、故郷からやってきた花がものを言うのであれば、どうにかして昔のことを尋ねように」というわけです。
すると・・・

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

驚いたことに、この梅の木が返事をしたのです。しかもただ「ほんまにそうどすなぁ」とか「むちゃ言わんといておくれやす」などと言ったのではありません。

    漢詩

を吟じたのです。

  先人於故宅  籬廃於旧年
  麋鹿猶棲所  無主独碧天

「先人」は「先入」の誤りか、とも言われます。
「昔の人の旧宅では(まず旧宅に入ると)籬は昔より廃れてしまって鹿の住家になっている。主がいなくなって、青空だけが見えている」ということでしょう。きちんと韻も踏んでいます。
中国には、皇帝が学問をすると花が咲き、怠ると花が散りしぼむ梅というのがあったそうで、その梅の木は

    「好文木」

と呼ばれたという伝説があります。
道真のあとを追って飛んでくるくらいの梅なら漢詩を詠むくらいのことはしてもおかしくないかもしれません。
この話は『十訓抄』『古今著聞集』という説話集にあります。

スポンサーサイト

コメント

筑紫の国より

お久しぶりです。

何だかんだ言いながら今年も周辺の受験生が上手く行った、との事で先日、太宰府に御礼参拝して来ました。九博も、ですが。

実は北野天神が「東風吹かば」は「な~そ」で、太宰府は「な」で終わる、とはなって居たのでどう言う事だろう、とは思って居ました。

烏滸がましいようですが、花は女性に例えられる場合が多く、「な~そ」も一理あるなぁとも思えます。

梅の木は実が成るので中国では経済的な話から庭に梅を植える、と言う話も有るようで。

所で、毎年京都に参るのは菅原道真にはなりたくはない、として、で。もうなって居る、と言うのは内緒、です(笑)。

♪しろくまさん

梅の実はとてもいいですね。私も経済的に助かっています(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4220-1bde1a60