できるのか、幼稚園の催し 

6年間続けてきた幼稚園での文楽人形劇ですが、今年もやりませんか、と言われています。ライフワークというほどではないかも知れませんが、私の仕事に占める意味はかなり大きくなってきました。
この春からは、お付き合いしてくださる幼稚園の園長先生も3人目になります。
ありがたいお誘いには違いないのですが、これから1か月くらいで

    台本

を書かねばならず、かなり頑張らねばなりません。
この春休みに勉強していたカッパのことが頭を離れず、この催しでもカッパを素材にしようかな、と考えたりしています。
カッパが人間に化けて生活しながらも、やがてはもとに戻って別れるような。ただ、昨年の

    かぐや姫

の話と似てしまいそうで、まだ何ともわかりません。創作はゼロからの出発ですから、不安だらけです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

河童

カッパの話は楽しそうですね。子どもの喜びそうな題材だと思います。(作る必要のない私はお気楽♫)

♪野崎小町さん

すみません。コメントをいただいていたのを見逃していました。
まだ何もアイデアが浮かびません。河童をどうやって主人公のごんべえさんに結びつけるか、悩んでいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4223-f86649db