2017年5月文楽東京公演初日 

今日から文楽東京公演が始まります。
4月の大阪に続いて六代豊竹呂太夫襲名披露公演。
東京でのお披露目をお慶び申し上げます。
演目は次のとおりです。

第一部(11時開演)
寿柱立万歳
菅原伝授手習鑑(茶筅酒、喧嘩、訴訟、桜丸切腹)
豊竹英太夫改め
六代豊竹呂太夫 襲名披露 口上
菅原伝授手習鑑(寺入り、寺子屋)

第二部(16時開演)
加賀見山旧錦絵(筑摩川、又助住家、草履打、廊下、長局、奥庭)

またまた申しますが、大阪が呂太夫→咲太夫でしたから、今度は咲太夫→呂太夫でいく、という工夫はできないものでしょうか。咲太夫さんの顔も大阪で立ちましたし、今度は呂太夫さんに花を持たせるということがあっても、と思うのです。
呂太夫さんは当然一段すべて語るお気持ちがおありでしょうが、それが叶わないならせめて2か月で全段を語る形に。
もはや詮無いことですが、付け加えておきます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

トップは全体に配慮を。

襲名披露公演は、当然襲名する人を立てるものだと思ってました。ところが四月公演では寺子屋の前を新呂太夫が語り、松王丸の泣き笑い、いろは送りのある後を咲太夫が語りました。幕がおりると咲太夫の印象ばかりが残ります。新呂太夫の襲名披露公演なのに、それはないのではないかと思いました。どのような経緯があったのか知るよしもありませんが、仮に劇場側から咲太夫に奥を語るよう要請があったとしても「呂太夫に語らせて」と譲ってほしかったのです。文楽全体のバランスを考えると、そうなるものと思います。咲太夫さんはいまや太夫の部のトップ。むかしなら櫓下格、つねに文楽全体のバランスを考えるお立場なのですから。

♪やたけたの熊さん

襲名云々でなくても、「2か月連続の場合は同じ配役で」というより、「役場が変わる方がいい」という発想はないものでしょうか。文字久さんと千歳さんも入れ替わってもらうとか、咲さんは長局で呂勢さんが首実検とか。
幕内の事情はわかりませんが、観客が何を望んでいるかを第一にしていただけたら、と思います。
東京と大阪で呂太夫さんの役場が違ったら「両方に行く」というファンも増えるのではないかという考えは短絡的ですかね。

改造文庫の浄瑠璃

近所のかたが孤独死され 遺品整理をしていましたら昭和初めの改造文庫がありました。
巻末の「改造文庫 目録」をみると、今は上演されない浄瑠璃が あります。「淀鯉 出世瀧徳・長町女腹切り」黒木勘藏 校注。 当時こういう浄瑠璃も語られていたのでしょう。呂太夫さんと無関係なことをカキコミして失礼しました。

♪田村順三さま

近松作品ですね。
昔の方はそういう本をいろいろお持ちだったのですね。お花・半七の「長町女腹切」はいつぞや国立劇場で上演されましたが、「淀鯉」はありませんね。
田村さんや見台を呂太夫さんに贈られた方のこと、呂太夫さんの本に書かせていただきましたが、勝手にお名前を挙げるわけにもまいりませず、こういう方がいらっしゃったというだけにとどめておきました。呂太夫さん、とても喜んでいらっしゃいます。

20年ほど前のことを まだ呂太夫さんが覚えていてくださって有り難いです。祖父の取引先の御方が昭和初めから50年ほどの間、浄瑠璃を習っておられました。ご遺族が「見台・床本・SPレコードなどを引き取ってくれる御方に」と言うて下さいまして、呂太夫さんにメールしましたところ、見台と床本は呂太夫さんに、レコードは当時 東京の国立劇場におられた研究者さんが引き取ってくださいました。朝日座の頃から通いつめ、楽しませていただきました。お役に立ったのは唯一このことだけです。その数年後、希太夫さんに「見台は どうやって入手されるのですか」と尋ねましたら、ネットオークションで、と答えられました。

♪田村順三さん

呂太夫さん、○○さんという方がご自身の喜寿の時に勝太郎師匠と三代目喜左衛門(当時勝平)さんの三味線で「壺坂」を語られたんです、とすらすらとお話しになりましたよ。
田村さんのことも本当にありがたいとおっしゃっていました。
以前なら古道具屋さんだったかもしれませんが、今や見台までネットオークションなのですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4246-aa1d75c7