2017年5月文楽東京公演初日 

今日から文楽東京公演が始まります。
4月の大阪に続いて六代豊竹呂太夫襲名披露公演。
東京でのお披露目をお慶び申し上げます。
演目は次のとおりです。

第一部(11時開演)
寿柱立万歳
菅原伝授手習鑑(茶筅酒、喧嘩、訴訟、桜丸切腹)
豊竹英太夫改め
六代豊竹呂太夫 襲名披露 口上
菅原伝授手習鑑(寺入り、寺子屋)

第二部(16時開演)
加賀見山旧錦絵(筑摩川、又助住家、草履打、廊下、長局、奥庭)

またまた申しますが、大阪が呂太夫→咲太夫でしたから、今度は咲太夫→呂太夫でいく、という工夫はできないものでしょうか。咲太夫さんの顔も大阪で立ちましたし、今度は呂太夫さんに花を持たせるということがあっても、と思うのです。
呂太夫さんは当然一段すべて語るお気持ちがおありでしょうが、それが叶わないならせめて2か月で全段を語る形に。
もはや詮無いことですが、付け加えておきます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

トップは全体に配慮を。

襲名披露公演は、当然襲名する人を立てるものだと思ってました。ところが四月公演では寺子屋の前を新呂太夫が語り、松王丸の泣き笑い、いろは送りのある後を咲太夫が語りました。幕がおりると咲太夫の印象ばかりが残ります。新呂太夫の襲名披露公演なのに、それはないのではないかと思いました。どのような経緯があったのか知るよしもありませんが、仮に劇場側から咲太夫に奥を語るよう要請があったとしても「呂太夫に語らせて」と譲ってほしかったのです。文楽全体のバランスを考えると、そうなるものと思います。咲太夫さんはいまや太夫の部のトップ。むかしなら櫓下格、つねに文楽全体のバランスを考えるお立場なのですから。

♪やたけたの熊さん

襲名云々でなくても、「2か月連続の場合は同じ配役で」というより、「役場が変わる方がいい」という発想はないものでしょうか。文字久さんと千歳さんも入れ替わってもらうとか、咲さんは長局で呂勢さんが首実検とか。
幕内の事情はわかりませんが、観客が何を望んでいるかを第一にしていただけたら、と思います。
東京と大阪で呂太夫さんの役場が違ったら「両方に行く」というファンも増えるのではないかという考えは短絡的ですかね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4246-aa1d75c7