連休のまとめ(2) 

笠智衆さんは『東京物語』では好々爺のように見えましたが、『麦秋』ではまだ中年紳士。
私も水やりばかりしているわけにはいかないので、この連休は『麦秋』の笠さんの真似事もしました。
しかし、体調不良が災いし、しかも怠惰な性格ですから余計に仕事ははかどりません。
連休前半は授業の予習。私の授業のやり方の場合、あまり先まで予習はできないので、

    2週間分くらい

でしたが。
学生が提出した意見、質問用紙をすべて読み、配布するプリントの原稿を作り、パワーポイントのスライドを作り、その作業をしながら何を話すかを考えていきます。
天皇の退位の問題は現在進行形ですし、世界文化遺産の候補になっている

    沖ノ島

がどうなるかも目が離せません。
そうこうしていると、予習にはどうしても時間がかかります。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

連休後半はそれ以外の宿題を少しでも片付けていかねばなりません。
創作浄瑠璃を何とか形だけは作りたいと思っていたのですが、ぎりぎりでストーリーのみ決めました。あとは文章ですが、創作浄瑠璃の場合はむしろここからが大変です。どんな工夫をしようか、楽しみと苦しみが半々といったところです。
一般の方にお話しする『源氏物語』の準備もしましたが、まだじゅうぶんではありません。実は明日(12日)から始まるのです。今回は

    紫の上

が亡くなったという情報を得た光源氏が二条院(光源氏の邸宅のひとつ)に飛んで行く場面からです。このあと、光源氏の妻である女三宮の密通が露顕する場面へと続きます。
『源氏物語』といえば、連載している原稿を書かねばなりません。これは月末締め切りなのですが、時間がかかりますし、他の仕事も目白押しなので、あまりのんびりしてはいられないのです。
そしてもうひとつ、幼稚園で実施する

    文楽人形劇

の台本を作らねばならないのです。去年の今ごろはほぼできていたのに、今年はなかなか進みません。この連休の間もあらすじだけで、まだ本文は最初の一部分だけです。
というわけで、連休を振り返ると、あまり勉強は進んでいないというべきかもしれません。
これから夏休みまで、二か月半。相当きついと覚悟せねばなりません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4249-ec32c250