幼稚園へ 

今年も幼稚園での文楽人形劇を実施することになりました。
早いもので、7年目になります。最初の年に年長組だった園児は、今や小学校6年生になるわけです。
一度だけ同じ作品のリメイクを上演しましたので、作品としては今年が6つ目です。
主人公は一貫して「ごんべえさん」。私自身のイメージで(笑)作ったキャラクターです。首は「オトコマエ」とは程遠い「ツメ」ですが、手足をきちんと付けた、三人遣いの人形です。最初はこの「ごんべえさん」の一人芝居でしたが、その後ハリボテではありますが、

    もぐらのモグリン

という人形(?)が登場し、今やレギュラーになりました。また、解説だけで使っていた娘首の人形も芝居に出るようになりましたので、ずいぶん舞台が賑やかになっています。
今年はそれに加えて

    カッパのお花

が出てきます。モグリンは女の子ですが、お花もまた女性という設定です(そのわけはまたここに書きます)。
しかしカッパの人形は作ってくださいと言ってもそう簡単ではないでしょう.私としては人形というよりは段ボールを切ってカッパの形にして、それに白い紙を貼って目鼻などを描いていただく程度にお願いしたいと思っていました。ところが事前に幼稚園の役員さんと連絡することがあり、そのついでに考えを伝えましたら、器用な人がいらっしゃるから聞いてみます、とのことでした。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

今年から園長先生が代わられたので、興味を持ってくださるかどうか心配でしたが、しっかりバックアップしてくださっています。
役員のリーダーの方は、昨年は「ごんベえさん」の人形を遣ってくださった経験者でいらっしゃいますので、とてもスムーズに話ができてありがたいです。
さて、昨日、一回目の稽古に行ってきました。毎年のことながら

    けっこう遠い

です(笑)。人形その他を運ぶ必要がありますし、電車だとあちらに着いてからが面倒なので(バスがあると思うのですが)車です。
高速なら中国道、近畿道、阪神高速、第二阪奈を使えばいいのですが、なにしろ高速代を払えるほどの生活はしていませんので一般道を駆使して行きます。
生駒を越える時はすさまじいカーブと坂道を走ります。それに加えてしょっちゅう警察がスピード違反の摘発をしています。

    スリル満点

です。
今年も20以上の方々が協力してくださるそうですが、これだけの人が一致団結して1時間程度の催しをすると毎年達成感があります。私だけでなく、みなさんがそうおっしゃいます。
さて、どんな催しになるでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4270-0658e123