図書館からのお客様(2) 

図書館の司書さんがお二人来てくださいました。どちらも若い女性で、当然ながら勉強家。「本については何でも聞いてちょうだい」というプライドと、「勉強のお世話ならなんでもさせてください」という謙虚さを兼ね備えた方たちです。
すべての質問を列挙することはしませんが、いくつかご紹介しておきます。
学生が知りたかったことに、

司書になる

にはどうすればいいのか、という疑問がありました。
大学で司書関連科目の単位を取得すれば資格は取れます。しかし、これがなかなか大変。しかも、資格は取っても仕事がなくて就職できないことも珍しくありません。学生は、大いに感心していました。
司書の仕事はどんなことですか、という質問も。
学生の中には、貸し出しで

バーコードをピッとなぞる

だけたから、誰でもできる、と感じていた者もあったようです。ところが、図書の登録やレファレンス、他の図書館との連絡、蔵書の点検など多岐にわたると知ってまたまた感心。力仕事もあります、とのお話には、見えないところで大変なお仕事をなさっているのですね、と司書の苦労の一端を理解したようでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4292-2951289e