骨の密度 

薬を服用しています。それもいささか強い薬を。こわいのは副作用です。
一番怖れているのは消化器系統で、危険な兆候がないか、いつも気にしています。肝臓も大丈夫かなと思うことがあります。
しかしこれまで検査した限りでは特に何も問題は見当たりません。
一度だけ、

    血糖値

が基準値を超えていたのでドクターがビックリして「糖尿の検査もしておきましょう」と言われたのですが、HbA1cとかいう血液検査は何ともなく、その後は血糖値も問題はありません。
肝機能も一度だけ基準値を超えたことがあるのですが、薬の問題だった可能性が高く、一時的なものでしたので、医師も心配することではないと言っていました。その後は基準値内で収まっています。
お酒を飲んで肝臓を悪くするなら好きなことをしたのだから自業自得かもしれませんが、薬で、というのは冴えない話です。
副作用でもうひとつ心配なのは早口言葉になりそうな

    骨粗鬆症

です。骨がスカスカになってしまうのだそうで、これも心配といえば心配でした(中高年の女性は特に骨密度が心配なのだそうで、定期的に調べる方がいいとも言われています)。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

ただ、もともと骨は太い方ですのでまだそこまで悪くはなっていないのではないかと思っていたのです。すると医師が「一度検査しておきませんか?」というので、いい機会かもしれないと思ってお願いしてみました。
腰椎や大腿骨を検査されたのですが、寝っころがってじっとしていたらすぐに終わりました。
結果が悪かったらなにかしなければいけないのだろうか、などと考えていたのですが、ディスプレイに出た結果を見せてもらったところ、

    若者にも劣らない

ので、これからもきちんとした食生活をしましょう、ということでした。同年代の人に比べるとかなりいい数値だったようで、悪化している可能性があるから調べただけに、意外な結果に驚きました。
私は、カルシウムは割合によく摂る方ですし。親も骨太なのでその恩恵も受けているのだろうと思います。ただ、検査結果の報告に書かれていたことで気になることがあります。「きちんとした

    食生活」

というところです。
年中貧しいものしか食べていませんが、栄養だけを問題にすると、朝食くらいがまともかな、という程度です。
それに運動も不足していますし、やはり考えることはありそうです。
「こつそしょうしょう」と早口言葉で言えなくなったら栄養不足かも知れません。

スポンサーサイト

コメント

血糖値

今日、病院に行きましたが、先々週の検査次第では糖尿病専門医へ回付かなぁ、と思い、ビビって居ましたがそうはならず、助かりました。今までの治療を続けることだね、とは医師が。

しかし、相変わらずの高血糖とですから用心に越した事は無いようです、が、塩豆大福を食べるアホです。

♬しろくまさん

おやおや、気をつけてください。
さしあたりおおごとでなくて何よりです。
骨もお大事に。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4293-eeed950d