枯らしたキュウリ 

前期の授業が終わりました(補講を除く)。
最後に来て気管支炎でひどい目に遭いましたが、学生にさほど大きな迷惑をかけずに済んだ(と、自分では思っている)のが救いでした。


    14日から

体調がひどくなったのですが、実際はもっと前からしゃべるのが苦痛で、仕事以外何もできませんでした。帰ったら何か食べて寝る。朝は早くから出て行き、仕事。
唯一窓辺の朝顔に水を遣るのが気晴らしになったくらいです。ところが、大きなプランターに植えているキュウリの世話がどうしてもおろそかになり、挙げ句には病気で倒れて

    10日ほど

何もしてやれませんでした。
キュウリといえば水やりが不可欠。
それだけに寝ていても心配で悪化しそうでした。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

梅雨末期らしくしっかり雨が降ってくれれば、と思ったのですが、大したことはなく、そのうちに梅雨は明けてしまったのです。
悪い予感はあたり、キュウリは枯れてしまいました。悪いことをしちゃったな、と反省しています。
ふと見ると、横のプランターから伸びた

    朝顔

の蔓が伸びすぎて、キュウリの支柱に巻き付いていました。そして淡い紫の花を二輪付けていました。
キュウリには悪かったのですが、今年は支柱も朝顔に譲り、キュウリの分までしっかり咲いてもらうことにします。
生きていくのに

    水が欠かせない

ことは、私も普段から人並み以上に実感しています。
来年は逆に二階の窓辺にキュウリを植えようかな。水の管理だけはできそうだし。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4325-7db06ebc