土曜日の図書館 

先日、久しぶりに土曜日に仕事場に行きました。
授業はありませんのでめったに人はいません。行ったからといって手当がつくわけではない(笑)のですが、どうしても図書館がすぐそばにある状態で仕事がしたかったので行きました。
土曜日の図書館はだいたいひとりだけ

    司書

の方がいらして、なにやら仕事をしていらっしゃいます。
私は別の共同部屋に荷物を置いてそこのパソコンを開いて何としてもこの日に目鼻をつけておかねばならない原稿を書くことにしました。
そして必要があれば図書館に行ってあれこれ調べ、また部屋に戻って書くという作業でした。
共同部屋には私の研究室のポットを持っていってときおり

    白湯

を飲みながら仕事をしました。お菓子類は食べませんので、飲むばかりです。
集中が途切れたら部屋の掃除をしたり(笑)コピーをとったり。
自分の部屋にはプリンタがありませんから、ここにいるとなんでもすぐに印刷できたりコピーできたりしますのでとても便利です。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

さて、図書館なのですが、司書さんにご挨拶して入っていくと、なんと、学生さんが数人いました。なかなか勉強家です。
文献で仕事をする教員はあまりこの大学にはいませんから、図書館で教員に出会わないのは普段からなのです。
この日もまったく姿は見ませんでした。
そんな

    わずかな入館者

であるにもかかわらず、エアコンが効いて電灯はついています。なんだかもったいないような気もします。
私はこの日は『源氏物語』の勉強に行っていましたので、文学フロアの一角に陣取ってあれこれ拝見し、メモを取り集めてまたもとの部屋に戻る、という状態でした。
おかげさまで仕事は順調に進み、普段ならもっと時間がかかりそうな原稿を書ききることができました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4340-2048592a