ふらつき 

ずっと体調が悪くて、3分も続けて歩くのは無理、という日々でした。
しかし、7月に病気をしてその治療に使った抗菌剤がピタリで、歩けるようになりました。8月5日の文楽劇場およびだしまきの夕べでは、三か月半ぶりに長い距離を歩きました。
この日は朝から仕事場に行き、土曜日で誰も来ないのを幸いと共同部屋をベースキャンプにして図書館に行き来しました。
この図書館、四階まで階段を昇るのです。この三か月は業務用エレベーターを借りたり、階段を少しずつ上がって各階で休憩したりしました。
しかし、このところは

一気昇り

できます。
夕方まで仕事をして、文楽劇場へ。4時半に約束がありましたので間に合うように。地下鉄の階段も難なく歩きました。
すぐに用が済み、次の約束は6時。さて、1時間何をしよう?
思いついて、相合橋筋まで行き、だしまき会場の福家さんを下見。噂の「勘緑さんのれん」が掛かっていました。
入ることもないので、道頓堀に出たのですが、目も当てられぬ惨状。この街、廃れないように願います。
また南におりて、途中から西に向いて、特に意味もなく法善寺。

アラビヤ珈琲

を横目に御堂筋、そして千日前通り。あとはぶらぶら劇場に戻りました。
これだけでも歩けることが奇跡のようでした。

約束の方と会って楽屋へ。15分くらい中を歩いて客席へ。
そのあとは「夏祭」観劇で2時間あまり着座。
これがちょっとしたエコノミー症候群になり、立ち上がるとふらつきがありました。
やはり休憩時間は

立ち上がるべき

ですね。
だしまきメンバーと合流してまた福家さんまで行ったのですが、途中何度もふらつきました。
福家さんではしっかりビールをいただきましたのでまた余計にふらつきます(笑)。
結局、家に着くまで

フラフラ

でした。
しかし、こういうのを繰り返さないと普通に歩くのは難しくなりそうてす。
翌、日曜日もいくらか歩き、またふらつき、を繰り返しました。
しばし、頑張ります。

スポンサーサイト

コメント

暖簾

福家のお母さんが、
先代・勘十郎師匠からいただいた三番叟の暖簾がありまんねん。12月にはその暖簾に替えときますね、と言うてはったような気がします。
ビールでふらつきながら聞きましたので、記憶がいまひとつ不明確ですが・・・

♬やたけたの熊さん

11月にお願いしたいですね。
文楽の皆さんが街に溶け込んでいらした証拠ですね。少しずつそういうお店が減っていくのでしょうか。

11月でした!

11月25日でした。
あまりの暑さで記憶がと、このところミスは暑さのせいにしています。

高野山

片山先生
お元気になられたご様子で良かったです。
源氏物語の講義の中で、先生のご推奨がありました、高野山の不断経のお参りに、宿坊に一泊して友人と行って来ました。25名位のお坊さんがずらりと並んだの声明の行事は見事でした。外人さんの多さにも驚きました。
精進料理も美味しく何よりも涼しかったです。

  • [2017/08/14 19:49]
  • URL |
  • ふじしろ小侍従
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♬やたけたの熊さん

もし出してもらえたら、絶対みなさん写真を撮られますすね。私もですが。

♬ふじしろ小侍従さん

高野山の不断経!
それはすばらしいです!
相変わらずフットワークがいいですね。

そういう情報をみなさんと共有できればいいのですが。
フェイスブックなどを使ってみる手もありそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4349-2f144660