FC2ブログ

能への憧れ 

実は、私は大学に入ったとき、農学部、じゃなくて能楽部に入ろうと思っていたのです。私の大学には観世と宝生があって、私は観世会の説明会に行ったのです。
ところが、説明会に参加したのは私ひとり。先輩は二人だけ。簡単に話は聞きましたが、それっきりになってしまいました。今になって、

    後悔

しています。ひとりでもいいじゃないか、と、なぜ思わなかったのでしょうか。あのとき、観世会に入っていたら、謡も仕舞も下手なりにできたかもしれず、着物の着かたもマスターしていたでしょうから、ただただ悔やんでいます。
今、後悔しているのは、謡と

    茶道

を学ばなかったことです。
この夏、必要があって「葵上」「鉄輪」「三山」「藍染川」などを読み、最近は「定家」を読んでいました。やはり後悔します。
創作能も書けたかもしれない、とも思うから余計にそう感じるのです。
能には今も憧れがあります。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

私もです

 私の大学は喜多流でした。あのころは通学に片道2時間かかったことやお金がなかったことで諦めていましたが、今思えば惜しいことをしてたなと思います。年をとると、やはり能の良さや深さがしみじみ感じられるのかな、と思います。

♬まゆみこさん

そうなんですか。
なんだか、まゆみこさんとは共通点がいろいろありますね。サッカーはドイツファンだとか(笑)
今年、何度か大槻能楽堂に行って、改めて能の良さを感じました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4756-f1806054