fc2ブログ

今宵は十三夜 

樋口一葉の作品といえば、「大つごもり」「たけくらべ」などがありますが、私が一番好きなのは

    「十三夜」

です。
文楽でもかつて上演されました。
栗名月、豆名月などとも呼ばれるこの月夜は、八月十五夜に比べて晴れることが多いそうです。
「源氏物語」の夕霧巻に、わりない恋をする夕霧がこの夜に虚しく恋しい人のいる小野から京都に帰る場面があります。
このとき空に浮かぶのが九月十三夜の月なのです。当時はさほど多く十三夜を鑑賞したようには思えませんが、とても印象的な場面です。


    秋の終わり

近くのうすら寒い日に出る、侘しさもある月。
この月を名月と見るのはすてきな美意識だと思います。
今夜は十三夜。お天気はいいみたいです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4794-a2f56e35