fc2ブログ

さへづり 

ツイッターというのはtwittterであって、辞書には
〔鳥が〕さえずる、高い声で鳴く
〔甲高い声で〕ぺちゃくちゃしゃべる
〔興奮して〕クスクス笑う
〔高い震え声で〕話す、歌う
〔興奮して〕小刻みに震える
などと出ています。私、英語ができないものですから、当初は「twitする人」の意味だろうと思っていたのです。しかしtwitといえば
【他動・名】なじる(こと)、からかう(こと)
【名】〈俗〉ばか者、愚か者、あほ、間抜け、能なし
と出てきますので、これだとえらいことになって今します。
「さえずる」というのはtweetとも言いますから、こっちが私もしばしば使う「ツィートする」のスペルなのですね。けっして「twitする」ではないのですね。

    A little bird told me.

というと「うわさに聞いた」という意味。ここでは鳥が「言う」という表現になっています。いかにも噂を広めるべく鳥が意味のあることを「言っている」感じです。「さえずり」はあまり意味のある感じがしません。
古い言葉にも「さへづり」というのはあります。これはもちろん鳥の声に使いますが、もうひとつ

    何を言っているのかわからない

話し方に使います。京の都の人間が田舎に行くと方言が理解できず、人が「さえずっている」、などというのです。外国の人(平安時代なら朝鮮か中国)の人もやはり「さえずって」いたのです。
たまたま読んでいた鎌倉時代の文章に、都の人が京の桂の人の話を聞いても「さえずっている」といっているところがありました。桂って京都市内でしょ、と言いたくなりますが、やはり田舎だったのですね。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4894-1a53d612