fc2ブログ

方言 

学生がときどき「方言は使わない方がいいですか?」という意味のことを聞いてきます。「え? どうして?」とすら思えるのですが、方言はよくない言葉と思っているのかもしれません。
どこかの学校で、「方言を使ってはいけません」という

    校則

があったと聞いたことがあります。どういう発想でそうなるのかがわかりませんが、校則というところに二重のショックを受けます。なんでもかんでも規定を作ればいいと思っている人が多いですが、およそ健全なことではないと思います。
そういえば、私の仕事場でも、このところ嬉しそうに(笑)規定ばかり作っています。そんなもの、誰も見ませんから、要するにそういうのを趣味にしている事務の人の自己満足なのだろうと思いますが(我ながらすごいいやみ)。
それはともかく、私は学生に「方言はどんどん使ってください。むしろ大事にしてください」と言い続けています。

    「関西弁は汚いと言われます」

と嘆く学生もいます。「汚い関西弁は汚いですが、きれいな関西弁はきれいです」というのが私の答えです。そして汚い言葉は広島弁だろうが青森弁だろうが東京弁だろうが、どこの方言でも汚いです。
おそらくテレビなどで汚い関西弁が横行しているのでそう思われるのでしょう。
上方の古典落語などを聴いてみればその良さがわかると思います。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/4895-73ade96a