fc2ブログ

改メ 

「土佐将監閑居」で襲名というと、昭和63年の五代目竹本伊達太夫の先例があります。
このとき伊達師は還暦で、やっと伊達路という初名から花形名に改められました。伊達は土佐太夫の前名でしたから、この後もう一度、土佐を襲名されるのだろうかと思ったものでした。
いずれにせよ、

    還暦での襲名

は遅いな、と思ったのですが、先年の呂太夫さんもこのたびの錣さんも古希または古希を過ぎての襲名でした。
また、伊達師は土佐を名乗られることはなく、切の字も許されないままに終わりました。
四代竹本越路太夫師がトンカツ屋から舞台に戻られたとき、つばめの三代目を名乗られましたが、そのときは床で口上があったとか。ただ、越路師は、自分クラスの襲名なら番付に「小松太夫改メつばめ太夫」と書かれるだけで、床であっても口上があるのは破格の扱いだった、とおっしゃっていました。
それで思うのですが、四十代くらいの若い太夫さんにも、

    「改メ」だけ

の花形名への襲名はあっていいのではないでしょうか。
襲名は物入りと聞きますが、できるだけ本人に負担をかけないようにするためにもその程度の襲名にすればよいのではないか。
呂勢太夫さんが大きな病気でしばらくお休みです。例えば、呂勢さんが戻られるとき、心機一転名前替えをするのもありではなかろうか、と思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5225-bf899aed