fc2ブログ

年末年始の日々ー二宮金次郎 

何しろ何もないところですので、遊びに行くこともありません。中古の(笑)ノートパソコンといくらかの本、それに校正刷りを2つ持って行きました。
まずは校正をしっかり終えて、そのあと『源氏物語』を中心にするべきことをしていました。
まずまず仕事はできたと言ってよいと思います。
合間には近くを散歩することもあるのですが、そういう田舎ですので住んでいる人はお互い顔見知りの人ばかり。そこに見知らぬ私などがうろついていると

    怪しい者

と疑われるような気がしてなりません。ときどき道端で世間話をしている人がいるのですが、そういう方の近くを通ると一斉ににらまれるような気がします。
近くに、廃校になった小学校があります。今は、校舎はなくなって、ちょっとした建物を建てて地域のコミュニティに利用されているようです。その建物のすぐ横にかなり傷みのある

    二宮金次郎

の像がありました。あの、薪を背負って書物を読むおなじみの姿です。台座には「至誠報徳」の文字。昔の小学校にはいたるところにあった、と言われますが、だからと言って私などはそれを見た記憶がないのです。それでもなんとなく「なつかしさ」を感じるだけに不思議なものです。
そういうものが建てられて、しかもそれが残っているということに一抹の感慨がありました。帰り際にふと見ると、この小学校の創立100年を記念する石碑もありました。40年ほど前の石建立らしいので、今もしこの学校が続いていたら創立140年くらい。明治の初めにできたのですね。金次郎像も相当古くからあったものと思われます。
田舎というのはなかなかいいものです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5232-8adf3afa