fc2ブログ

宿題はひとまず   

先日、ひとつ原稿を出しました。これでこの夏、自分に課していた宿題は終わりました。ただ、「自由研究」ともいうべきものは残されたままです。早い話が、創作浄瑠璃です。
今、頭の中にあるのは『(タイトル未定)』「佐波川の段」と『異聞おくり提灯』です。
前者は平氏による焼き討ちにあった東大寺大仏殿の再建のために今の山口県で奔走する重源を軸に、架空の人物3人を配して、材木をいかだとして佐波川を下す話です。まだ手探り状態ですが、ヒーローの奇跡を描くような時代ものではなく、あくまで世話、

    庶民の話

として作ってみたいと思っています。
後者は、例によって野澤松也師匠に作曲していただけるように書くものです。今回は亡夫を慕う老婆(といっても五十代を想定しています)を主人公にして、亡夫の霊を登場させて、「老女の恋心」を描いてみたいと思っています。老女になったことがありません(笑)から、その気持ちはわかりませんが、何とか近づいてみたいと思っています。舞台は江戸本所の大横川。ときは七夕の夜で、織女(「こと座」の一等星ベガ)と牽牛(「わし座」の一等星アルタイル)をこの老女と亡夫になぞらえるつもりですが、実は一番重要な星は「はくちょう座」の

    アルビレオ

なのです。
この星については最近書きましたが、青と黄色の美しい二重星です。望遠鏡で見ると陶然とするような美しさを感じることができます。これを素材にして作りたいと思っています。
これらは楽しい仕事(?)ですが、憂鬱な仕事も待っています。しかし憂鬱な方は小銭稼ぎになります(笑)ので、これはこれで頑張ります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5467-f790de2e