fc2ブログ

源氏物語「少女」(6) 

内大臣という人は、どうも理屈っぽく意固地になるところがあるようです。そしてやりかたが嫌味な感じもします。雲居雁を自邸に迎えるのに、わざわざ弘徽殿女御を里下がりさせて、その遊び相手(音楽の合奏をするなどでしょう)のために雲居雁を呼び入れるという形を取ります。これは北の方(弘徽殿女御の母、雲居雁の母ではない)のご機嫌を損ねない方法でもあるのでしょうが、ずいぶん回りくどいことをするものです。大宮に対しても、無理に連れていくのではなく弘徽殿女御のためなのだ、という理屈を建前にするのでしょう。

宮、いとあへなしと思して、「ひとりものせられし女亡くなりたまひてのち、いとさうざうしく心細かりしに、うれしうこの君を得て、生ける限りのかしづきものと思ひて、明け暮れにつけて、老いのむつかしさも慰めむとこそ思ひつれ、思ひのほかに隔てありて思しなすも、つらく」など聞こえたまへば、うちかしこまりて、「心に飽かず思うたまへらるることは、しかなむ思うたまへらるるとばかり聞こえさせしになむ。深く隔て思ひたまふることはいかでかはべらむ。内裏(うち)にさぶらふが、世の中恨めしげにて、このころまかでてはべるに、いとつれづれに思ひて屈しはべれば、心苦しう見たまふるを、もろともに遊びわざをもして慰めよと思うたまへてなむ、あからさまにものしはべる」とて、「育み、人となさせたまへるを、おろかにはよも思ひきこえさせじ」と申したまへば、

大宮はどうしようもないこととお思いになって、「ただひとりいらっしゃった娘(葵の上。光源氏の妻で夕霧の母)が亡くなったあと、とても寂しく心細かったのですが、うれしいことにこの姫君をお預かりできて生きている限りは大切にお育てしようと、また、明け暮れにつけて年を取ったがゆえのつらい気持ちも慰めようと思っていましたのに、思いがけず引き離そうとお考えになるのもつらいことで」と申し上げなさると、(内大臣は)恐縮して「納得がいかないことを、このように思っておりますと申し上げただけでございます。深く隔てるなどということがどうしてございましょうか。内裏におります女御が帝との仲もうまくいかないようで、先だって里下がりしてまいりましたが、ひどく所在ないようすで沈んでおりますのでおいたわしいことと拝見しておりまして、一緒に音楽や遊戯(囲碁など)をしてお気を紛らわせてもらいたいと思いまして、ほんの少しの間お移しするのです」と言って「これまで育てて一人前にしてくださったことをおろそかにはけっして思っておりません」と申し上げなさると、

大宮は悲しみのあまり、生きがいのような雲居雁を奪われるつらさゆえに、内大臣の心の隔てを悲しく思っていると訴えます。それに対する「心に隔てがないからこそ、思っていることを言っただけではありませんか」という返事は、いかにも内大臣らしいものです。ああいえばこういう、理屈をこねると天下一品。弁護士向きでしょうかね、この人(笑)。しかもこのあと、自分の仕業であることを隠して、弘徽殿女御が「帝とうまくいかないから帰ってきた」と、いいかげんなことを言っています。さらには「ほんの一時的に連れて行くだけです」と心にもないことを言っています。悪徳弁護士向きでしょうか。

かう思し立ちにたれば、止めきこえさせたまふとも、思し返すべき御心ならぬに、いと飽かず口惜しう思されて、「人の心こそ憂きものはあれ。とかく幼き心どもにも、われに隔てて疎ましかりける ことよ。また、さもこそあらめ、大臣の、ものの心を深う知りたまひながら、われを怨じてかく率(ゐ)て渡したまふこと。かしこにて、これよりうしろやすきこともあらじ」と、うち泣きつつのたまふ。

これほど決心してしまわれたことなので、おとどめ申しても考えを改めるようなお人柄ではないのだから、まったく不満で残念なこととお思いになって「人の心というのはほんとうにつらいものです。幼い二人の気持ちにしても、私に隠し立てをしたようでいやなものでした。それはまた、幼いのだから仕方がないとしても、大臣であるあなたが、ものの道理を深くおわかりになっていながら、私を恨んでこうやって連れて行っておしまいになるとは。あちらでは、ここより安心ということもないでしょうに」と泣きながらおっしゃる。

大宮はわが息子の気性を知っていますから、こちらの言うことを聞いてあきらめてくれるはずもないと思い、愚痴ばかり言います。夕霧と雲居雁も私に何も言わずに親密になったのは残念に思うがそれはまだ若いものだから仕方がない、あなたはいい年をして……、といったあとに、雲居雁にとっては、継母(内大臣の北の方)のいるところより実の祖母(大宮自身)のところの方が安心だろうに、とあてこすります。継母と継娘の関係は当時からうまくいかないことが多いとされ、『源氏物語』の中でもまだ幼かった若紫(紫の上)が継母のもとで異腹の姉妹とまじるよりはというので祖母と一緒に暮らしていたことが思い合わされます。当時は母方で育てられますから、その母親が亡くなった場合、そこの子ども、特に娘は微妙な立場に置かれることになります。

折しも冠者(くわざ)の君参りたまへり。もしいささかの隙(ひま)もやと、このころはしげうほのめきたまふなりけり。内大臣(うちのおとど)の御車のあれば、心の鬼にはしたなくて、やをら隠れてわが御方に入りゐたまへり。内大殿(うちのおほとの)の君達、左少将、少納言、兵衛佐(ひやうゑのすけ)、侍従、大夫(たいふ)などいふも皆ここには参り集ひたれど、御簾の内は許したまはず。左兵衛督、権中納言なども、異御腹(ことおほむはら)なれど、故殿の御もてなしのままに今も参り仕うまつりたまふことねむごろなれば、その御子どももさまざま参りたまへど、この君に似るにほひなく見ゆ。大宮の御心ざしも、なずらひなく思したるを、ただこの姫君をぞ気近うらうたきものと思しかしづきて、御かたはらさけず、うつくしきものに思したりつるを、かくて渡りたまひなむがいとさうざうしきことを思す。

ちょうどその折、冠者の君が参上なさった。ひょっとして隙(すき)があるかもしれないと、最近はしきりに顔をお出しになるのであった。内大臣の御車があるので、気が咎めて体裁が悪く思われ、そっと隠れてご自分のお部屋にお入りになった。内大臣の子息たち、左少将、少納言、兵衛佐、侍従、大夫などという人たちもみなこちらに参集しているが、御簾の中に入ることはお許しにならない。左衛門督や権中納言なども異腹(つまり大宮の子でない故太政大臣の息子たち)ではあるが、亡き太政大臣のご意向があって今も参上してねんごろにお仕えしているので、そのお子様方もさまざまに参上なさるが、皆この君(夕霧)に似る美しさはないと見える。大宮のお気持ちとしても、比類ないほどこの君を大事になさっていたが、(夕霧が二条東院に移ってからは)この姫君だけをいつも親しくかわいいものとして大切にお育てして遠ざけることなくいとしいものとお思いになっていたのに、こうしてお移りになってしまうのがひどく寂しいこととお感じになる。

以前夕霧が大学に入る際、普段は二条東院で勉強して「一月(ひとつき)に三たびばかりを参りたまへ(一か月に三度ほどは大宮のところに参上なさい)」という取り決めをしたことがありました。しかしこのごろは雲居雁に逢えるチャンスを狙ってそれ以上に頻繁にやってくるのです。ところがこの日は内大臣の車がありました。内大臣に会いたくはありません。「心の鬼」は良心の呵責のようなことで、『岩波古語辞典』は「人目を忍ぶ恋をさとられないかとおそれる場合に使った例が多い」と説明しています。平素、内大臣の息子たちがこの邸には出入りしていますが、彼らは夕霧とは違って御簾の中には入れてもらえない待遇です。また、故太政大臣の息子ではあるものの大宮の子ではない左衛門督や権中納言の子たちも出入りしていたのですが、夕霧の美貌に並ぶ者がありません。夕霧が大宮のところではどれほどかわいがられているかがうかがわれます。なお、内大臣の息子のうち、最初に書かれている「左少将(左近少将)」はのちに柏木と呼ばれる男子かと思われます。さて、その夕霧が二条東院に移ってからは雲居雁だけを大切にしてきたのに、今こうして連れていかれるのは大宮にとってなんとも悲しいことなのです。

殿は、「今のほどに内裏(うち)に参りはべりて、夕つ方迎へに参りはべらむ」とて、出でたまひぬ。いふかひなきことを、なだらかに言ひなして、さてもやあらまし、と思せど、なほ、いと心やましければ、人の御ほどのすこしものものしくなりなむに、かたはならず見なして、そのほど、心ざしの深さ浅さのおもむきをも見定めて、許すとも、ことさらなるやうにもてなしてこそあらめ。制し諌むとも、ひと所にては、幼き心のままに見苦しうこそあらめ。宮も、よもあながちに制したまふことあらじ、と思せば、女御の御つれづれにことつけて、ここにもかしこにもおいらかに言ひなして渡したまふなりけり。

内大臣殿は「今は内裏に参りまして、夕方にお迎えに参りましょう」といってお出かけになった。今さら何を言ってもしかたがないから、穏便に話をつけて一緒にさせてやろうか、とお思いにはなるが、それでもなおいらいらするので、あの人(夕霧)の身分がいくらかしっかりしたものになったときに、これなら不満足ではないということにして、その時の愛情の深さ浅さの様子を見定めて、許すことになったとしても、ことさら改まった形にしてからにするのがいいだろう、制して咎めだてしても、同じところに置いていては子ども心のおもむくままに不都合な事も起こるだろう。大宮もまさかむりやりにそれを止めようとはなさるまい、とお考えになるので、女御のご退屈にかこつけて、大宮にも北の方にも角を立てずに話をつけてお移しになるのであった。

内大臣は大宮の前ではいろいろ言いましたが、一人になると諦める気持ちも湧いてくるのです。これも今も昔も変わらぬ父親の本心でしょう。しかし馴れ合いで一緒になるような形だけは避けたい。形式を重んじるのはこの人らしいところです。雲居雁を自邸に引き取ったうえで、しかるべき時期が来て、なおも二人の愛情に変わりがなければ大宮の邸の中でいつの間にか深い仲になったというのではなく、内大臣家と光源氏家の結婚としてきちんとしようと考えます。とても微妙な男性心理が描かれています。紫式部の洞察力、そしてそれを表現する力はやはりたいしたものだと思います。

宮の御文にて、「大臣こそ恨みもしたまはめ、君はさりとも心ざしのほども知りたまふらむ。渡りて見えたまへ」と聞こえたまへれば、いとをかしげにひきつくろひて渡りたまへり。十四になむおはしける。かたなりに見えたまへど、いと子めかしう、しめやかにうつくしきさましたまへり。「かたはらさけたてまつらず、明け暮れのもてあそびものに思ひきこえつるを、いとさうざうしくもあるべきかな。残りすくなき齢のほどにて、御ありさまを見果つまじきことと、命をこそ思ひつれ、今さらに見捨てて移ろひたまふやいづちならむと思へば、いとこそあはれなれ」とて泣きたまふ。

大宮(から雲居雁へ)のお手紙で「内大臣は私をお恨みもなさるのでしょうが、そうはいってもあなたは私の気持ちはおわかりでしょう。こちらにいらっしゃってお顔を見せてください」と申し上げなさると、とてもかわいらしいようすに身づくろいなさっておいでになった。十四歳でいらっしゃる。まだ大人っぽさはうかがえないが、とてもあどけなくておしとやかでかわいいようすでいらっしゃる。「そばをお離しせずに明け暮れの心の慰めと思っておりましたが、今後は本当に寂しくなるでしょう。人生も残り少ない年齢になって、あなたの行く末を見届けることはできまいと、寿命のことを思うのです。今さら私を見棄ててお移りになる先はどこなのかと思うととても悲しいのです」といってお泣きになる。

雲居雁が別れの前に大宮に呼ばれて姿を見せます。今十四歳であることが明記されます。まだ「かたなり」(未成熟)ではあるのですが、とてもかわいらしいのです。そして大宮は、自分の命も残り少ないだけにこの子の将来をいつまでも見ることができないと悟っており、そのことを悲しみます。そしてこれから行くところがどこかと言うと、よりによって継母のところではないか、とそのことをいたく案じています。

姫君は、 恥づかしきことを思せば、顔ももたげたまはで、ただ泣きにのみ泣きたまふ。男君の御乳母、宰相の君出で来て、「同じ君とこそ頼みきこえさせつれ、口惜しくかく渡らせたまふこと。 殿はことざまに思しなることおはしますとも、さやうに思しなびかせたまふな」など、ささめき聞こゆれば、いよいよ恥づかしと思して、物ものたまはず。「いで、むつかしきことな聞こえられそ。人の御宿世宿世、いと定めがたく」とのたまふ。「いでや、ものげなしとあなづりきこえさせ たまふにはべるめりかし。さりとも、げに、わが君人に劣りきこえさせたまふと、聞こしめし合はせよ」と、なま心やましきままに言ふ。

姫君は(夕霧との)恥ずかしいことがいけないのだとお思いになるので、顔もお上げにならず、ただ泣いてばかりいらっしゃる。男君の乳母の宰相の君が現れて、「あなた様を(夕霧と)同じくご主人様だとお頼み申してまいりましたのに、悔しくもこのようにお移りになるなんて。内大臣様はほかの人と結婚させようとお考えになることがおありでも、そのように心をお移しなさいますな」などとささやくように申し上げると、(雲居雁は)ますます恥ずかしいとお思いになって、何もおっしゃらない。「これ、面倒なことを申し上げなさいますな。人の運命というものはまったく定めがたいものです」と(大宮は)おっしゃる。「いいえ、(内大臣は夕霧を)一人前ではないと軽んじていらっしゃるようでございます。今はそうであっても、実際わが君(夕霧)がほかの人に劣っていらっしゃるかとどなたにでもお聞きになってください」と、(宰相の君は)なんとなく腹立ちまぎれに言う。

夕霧の乳母の宰相の君は、夕霧をいたわしく思うあまり、雲居雁にほかの男になびかないでほしいと言います。「なびかせたまふな」という言い方はいささかきつい感じがします。そして、大宮がそういう言い方を咎めても、なおも夕霧を軽んずる内大臣が許せないと主張します。乳母にとって、自分が育てた子を馬鹿にされるのはたまらないものなのでしょう。

冠者の君、物のうしろに入りゐて見たまふに、人の咎めむも、よろしき時こそ苦しかりけれ、いと心細くて、涙おし拭ひつつおはするけしきを、御乳母、いと心苦しう見て、宮にとかく聞こえたばかりて、夕まぐれの人のまよひに対面せさせたまへり。かたみにもの恥づかしく胸つぶれて、物も言はで泣きたまふ。「大臣の御心のいとつらければ、さはれ、思ひやみなむと思へど、恋しうおはせむこそわりなかるべけれ。などて、すこし隙ありぬべかりつる日ごろ、よそに隔てつらむ」とのたまふさまも、いと若うあはれげなれば、「まろもさこそはあらめ」とのたまふ。「恋しとは思しなむや」とのたまへば、すこしうなづきたまふさまも幼げなり。

冠者の君(夕霧)は物陰に隠れてご覧になっているが、見とがめられてもこれまでならつらいというだけだったが、今は心細くて、涙をぬぐいながらそこにいらっしゃるのを、乳母はとてもお気の毒だと思って大宮に何かとご相談したので、大宮は夕暮れの人があわただしくしている紛れに対面させなさった。お互いに何やら恥ずかしく、胸もどきどきして何も言わないで泣いていらっしゃる。「内大臣のお心がひどく恨めしいので、もうよい、あきらめてしまおう、とは思うのですが、そうすると恋しくなるのがたまらないことです。どうして、いくらか機会があった時によそよそしくしてしまったのでしょう」とおっしゃる様子も、とても幼く悲しいようすなので、「私もそう思うでしょう」とおっしゃる。「わたしを恋しいとお思いになってくださいますか」とおっしゃると、すこし頷かれるのようすもまだ幼いようである。

乳母の宰相の君が訴えたこともあって、大宮は二人を対面させてやります。夕方には雲居雁は出ていきますが、その直前は女房たちも何かと準備で忙しく、いい機会だと思ったのです。対面させたのは「せさせたまへり」と敬語が付いていますので、乳母ではなく大宮の考えによるのです。二人はしばし何も言わずに泣いていましたが、夕霧がやっと口を開きました。あきらめようと思っても、どのみち恋しくなるあなたなのだから、どうにもならない。もっと親しくお会いすればよかった、といかにも子どもらしく言います。すると雲居雁も、私も同じです、と答えるのです。まだ幼い自分の力ではどうしようもないだけに、二人は嘆くばかりではありますが、お互いの気持ちを確かめることはできました。

御殿油(おほむとなぶら)参り、殿まかでたまふけはひ、こちたく追ひののしる御前駆(さき)の声に、人びと、「そそや」など怖(お)ぢ騒げば、いと恐ろしと思してわななきたまふ。さも騒がればと、ひたぶる心に、許しきこえたまはず。御乳母参りてもとめたてまつるに、けしきを見て、あな心づきなや。げに、宮知らせたまはぬことにはあらざりけり、と思ふに、いとつらく、「いでや、憂かりける世かな。殿の思しのたまふことは、さらにも聞こえず、大納言殿にもいかに聞かせたまはむ。めでたくとも、もののはじめの六位宿世よ」と、つぶやくもほの聞こゆ。ただこの屏風のうしろに尋ね来て、嘆くなりけり。

灯りをともすころ、内大臣殿が内裏から退出なさってこられるようすで、ものものしく先払いする声がするので、「それそれ」となどとおどおどしながら騒ぐので、(雲居雁は)ひどく恐ろしいと思ってふるえていらっしゃる。(夕霧は)騒がれるなら騒がれてもよい、と一途な気持ちで(雲居雁を)お離しにならない。(雲居雁の)乳母が参ってお探し申し上げると、この様子を見て、なんとけしからぬことでしょう。なるほど内大臣様がおっしゃるように大宮様はご存じでないわけではなかったのですね、と思うと実につらいことなので「いやもう、いやなお二人です。内大臣様のお考えやおっしゃることは申すまでもなく、大納言様(雲居雁の実母の今の夫)もどのようにお聞きになるでしょうか。立派な方であろうとも最初にお付き合いされた人が六位などという宿世では」とつぶやくのもわずかに聞こえる。二人のいる屏風のすぐ後ろまでやってきて嘆いているのであった。

夕方、もう暗くなり始めて灯りを入れるころです。内大臣が内裏から戻ってくるのが前駆の声でわかります。その声が大きければ大きいほど、抗うことのできるはずのない内大臣の権威が近づいてくるようで、雲居雁は怯えます。夕霧は、ナイトのように、この人を離すものか、と雲居雁を抱いているのです。そこに、雲居雁の乳母がやってきて、やはりほんとうのことだったのだ、とあきれ返ります。そして「もののはじめの六位宿世よ」というひどい憎まれ口を吐くのです。いくら光源氏の息子であっても、所詮六位などという、姫君とはおよそ釣り合わない身分じゃないか、というわけです。乳母は内大臣の味方ですから、夕霧相手でも容赦がありません。なにしろ春宮に入内させようとまで考えていたのが六位の若造ですから。当時、五位以上が広い意味での貴族であって、上流階級のものから見ると六位などはものの数にも入らないのです。それにしても、その乳母の声を聞いた夕霧の屈辱はいかなるものだったでしょうか。ここで乳母に言われたことは、夕霧はけっして忘れることはないのです。

男君、我をば位なしとてはしたなむるなりけり、と思すに、世の中恨めしければ、あはれもすこしさむる心地して、めざまし。「かれ聞きたまへ。
くれなゐの涙に深き袖の色を
浅緑にや言ひしをるべき
恥づかし」とのたまへば、
いろいろに身の憂きほどの知らるるは
    いかに染めける中の衣ぞ
と、物のたまひ果てぬに、殿入りたまへば、わりなくて渡りたまひぬ。


男君は、自分を位が低いと言って辱めるのだな、と思うと、世の中が恨めしいので、姫君への思いも少し冷めるような気がしてしゃくにさわる。「あれをお聞きなさい。
  血の涙で深く紅色に染まった私の袖を
  浅緑といっておとしめてよいものか
恥ずかしい」とおっしゃると、
  いろいろなことでわが身のつたなさが知られるのは
  どのように定められた私たちの仲なのでしょう
とおっしゃることばが終わらないうちに殿が邸に入ってこられたので、どうしようもなくて戻って行かれた。


とてもかわいそうな場面です。読みながら涙ぐむ読者もいた(あるいは今もいる)のではないでしょうか。自分が六位だからと言って馬鹿にする世の中なんて、と世間を恨む気持ちにもなる夕霧です。「くれなゐの」の歌は、「紅涙」すなわち「血の涙(激しい悲しみで流す涙)」を流して紅色に染まる衣を「浅葱」(六位の着ける袍の色)だなんて言ってよいと思っているのか、と悔しさをぶつけたような詠み方です。雲居雁の「いろいろに」の歌は夕霧の歌を受けて「色さまざまに染める」という言葉を用いつつ、何かとつらい自らの宿運の拙さを嘆くものです。しかしその歌を詠み終えるか終えないかのタイミングで内大臣が邸内に入ったことがわかりました。いくら夕霧が盾になってもどうなるものでもありません。しかたなく雲居雁は自室に戻っていくのです。

男君は、立ちとまりたる心地もいと人悪く、胸ふたがりて、わが御方に臥したまひぬ。御車三つばかりにて忍びやかに急ぎ出でたまふけはひを聞くも、静心なければ、宮の御前より、「参りたまへ」とあれど、寝たるやうにて動きもしたまはず。涙のみ止まらねば、嘆きあかして、霜のいと白きに急ぎ出でたまふ。うちはれたるまみも、人に見えむが恥づかしきに、宮 はた、召しまつはすべかめれば、心やすき所にとて、急ぎ出でたまふなりけり。道のほど、人やりならず、心細く思ひ続くるに、空のけしきもいたう曇りてまだ暗かりけり。
  霜氷うたてむすべる明けぐれの
    空かきくらし降る涙かな


男君はとり残された気持ちもひどく体裁が悪く胸が詰まって、ご自分のお部屋で横になってしまわれる。御車三両ほどで、前駆もひそやかに、急いで出ていかれる気配を聞くにつけ、落ち着いた心にもなれないので、大宮の方から「こちらへおいでください」と知らせがあったが寝たふりをして身動きもなさらない。涙がどうにも止まらず、嘆きながら夜を明かして、霜の真っ白な頃に急いで邸をおでましになる。泣きはらした目元も人に見られるのが恥ずかしく、宮がまたおそばにお呼びになりそうなので、心置きなくしていられるところに、と思って急いで出られたのであった。道すがら、誰のせいでもないのだと心細く思い続けていると、空のようすもひどく曇ってまだ位のであった。
  私を苦しめるように霜も氷も結んでいる、
  そんな明け方の暗い空をいっそう暗くする
ように、私の涙までが降ることだ


車三両ほどで、女性の車だけに前駆の声も忍びやかにして雲居雁は行ってしまいました。あとに残された夕霧のやるせない気持ちは、若者の恋愛にはありがちな、この世の終わりのように悲痛なものです。夕霧はもう大宮から呼ばれても行く気にはなれません。夜明けのまだ霜の白く降りているころに人目を忍んで二条東院に帰って行きます。空は曇って、明け方といってもまだ暗いのです。もちろんそれは彼の心の風景に等しいものです。最後の和歌については『細流抄』が「三四句殊勝々々」と言っています。
こうして、夕霧と雲居雁の話は、悲恋のまま一段落します。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5502-69beb068