fc2ブログ

下戸にまっしぐら(1) 

私は学生の頃はけっこうお酒を飲みました。兄はまったく飲めないのですが、私は父親の血筋らしく、初めて飲んだ高校生の頃(←コラ)から平気でした。その後も酒席は大好きで、いろんな方と交流が持てたのもお酒のおかげという面があったと思います。
最高でどれくらい飲んだのかはわかりませんが、先代桐竹勘十郎師匠のように夜行列車でビール66本などというわけにはいかないのですが、弱い方ではありませんでした。
しかし、酒席に出なくなって、家でもほとんど飲まなくなりましたので、弱くなる一方です。文楽の愛好家の方々と「両輪」さん、「福家」さんでご一緒したのを除くと、仕事場の集まりや忘年会、新年会の類、何かの打ち上げなど、すべてキャンセルしてきました。

    20年ほど前

までは毎晩ビールを飲んでいたのですが、どんどん収入が下がっていったために(笑)ビールが発泡酒になり、発泡酒が第三のビールになったところで、どうにもおいしいと思わなくなり、やめてしまったのです。
私の知る「第三のビール」に比べると、最近のものはきっとおいしくなっているのでしょうが、初めて飲んだ時の味がトラウマのようになっていますので、今もまったく触手が伸びません。ただでも飲まない・・という自信はありませんが、お金を出してまでは飲む気になりません。
最近、税率が上がったという噂も聞きますので、ますます遠い存在になりました。
スコッチも好きでしたが、これももういつ以来だろうと思うくらい記憶の彼方です。ワインは、最近安いのも多く、何かの時に奮発して780円くらいの(笑)ものを買うことはあります。
日本酒と言えば、一時は

    白鷹

を愛して少し高くても買っていました。日本酒の良さというか、違いなどほとんどわからないのですが、「私の愛飲しているのは白鷹です」なんて、格好をつけるために(笑)もこれに決めていました。よくあるじゃないですか、「横山大観の愛した『酔心』」みたいなの。
これもその後は日本盛や白鹿の紙パック入りになり、最近は寒い時限定で、さらに安価な(笑)聞いたこともないような銘柄の紙パック入りを飲むことがあるくらいです。
ところが先日、スーパーで思いがけないお酒を発見しました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5525-4a68a395