fc2ブログ

なでしこ 

この秋、近くの公園でいくつもの撫子(なでしこ。河原撫子。大和撫子)の花を見ました。
萩、女郎花、尾花(すすき)、藤袴などとともに秋の七草に数えられますが、実際の花期は長く、そのために「常夏」の異名も持ちます。『源氏物語』では「帚木」巻で夕顔という女性を「常夏」に喩えるほか、ずばり「常夏」という巻もあります。夕顔の娘の玉鬘を引き取った光源氏が、彼女の居所の前庭に撫子を色とりどりに植えています。季節は夏です。
楚々とした花で、濃いピンクのような色がまず思い浮かびますが、白いものもあってその両者を混色するとまたきれいなものです。
「なでしこ」(撫でた子)の意味から、古典文学では子供や女性を喩えることが多く、歌にもしばしば詠まれます。大和撫子を詠んだ有名な歌としては、

  あな恋し今も見てしか
   山がつの垣ほに咲ける大和撫子

     (古今和歌集・恋四)

があります。「ああ恋しい、すぐにでも会いたいものだ。身分賤しい家に咲いていた大和撫子(のようなあなた)に」という恋歌です。
この歌が有名になったので、後の文学にも強い影響を与え、『源氏物語』「帚木」でも「山がつの垣ほ荒るともをりをりにあはれはかけよ撫子の露」のように詠まれることになります。この歌は後に夕顔と呼ばれる女性が、娘(撫子に喩えている)の父である頭中将(とうのちゅうじょう)に「私の家がどんなにみすぼらしくなっても、折々につけてこの娘には情をかけてやってください」と詠むのです。
かわいらしい女の子にぴったりの草花と言えるでしょうか。
『枕草子』は「草の花は」の段で真っ先にこの花を挙げます。

  草の花はなでしこ。
唐のはさらなり、
大和のもいとめでたし。


とあり、唐撫子は言うまでもなく、大和撫子もとてもよいと言っています。
いかに王朝の人々に愛されたかがよくわかります。
大和撫子はいつしか日本風の女性の美称のようになり、今でも用いられているようです。
活発な女性には用いられないのかというとそうでもなく、サッカーの日本女子代表の愛称にも使われました。
私がいくつもの撫子を見た公園には藤袴や女郎花も咲いていて、秋を満喫出来ました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5531-8abe87b0