fc2ブログ

からだいっぱいの酸素を 

二年半ほど前に呼吸を楽にするための新薬を試したことがあります。これが見事に効果があって、私は一時このまま元気でいられるのではないか、と思ったくらいです。ところが、その3か月後に台風などの激しい風雨があって、仕事場の防水設備が吹っ飛んで、建物の中がかび臭くなったと思ったら、そのあとすぐにまた不調になりました。責任者は「カビはどこにでもいるものです」などといっていましたが、そんな詭弁を弄してどうなるのだろうと情けなくなりました。
それ以後は多少の浮き沈みはあるものの、ずっと体調不良が続いています。
からだ中に

    酸素がいきわたらない

感覚があって、最近は歩くのがきわめて苦痛です。なにしろ10分続けて歩くことがしんどいのです。最寄りの駅まで歩いて800歩くらいなのですが、一気に歩き通すのがなかなか大変です。駅に着いたらとても立ってはいられず、そのために電車では必ず座席に座っています。図書館に行くのも、以前なら往復50分、約5500歩を平気で歩いていたのですが、今はとんでもない話です。
まして、

     坂道や階段

があると絶望的な気持ちになります。
文楽劇場に行くためには、乗り換えが3回で、地下鉄の乗降には階段もあってつらいです。たどり着いたとしてもとても観劇できるような気分ではないと思います。これにマスクという苦行が加わりますから、この十一月公演は諦めざるを得ないだろうと思います。初春も見通しが立ちません。
胸をいっぱいに広げると、いくらでも肺に空気が入ってくる感覚が懐かしいです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5543-a8611c3c